琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

選択次第

 

f:id:spica0104:20171117142931j:image

 

実は とてもお世話になっていた方の訃報が 今朝 届きました。どれ程の言葉を尽くしても その方から受けたご恩は伝えられそうにありません。…私にとって 父が亡くなってから  父の様に慕っていた そんな方でした。

 

 

実はその方は数ヶ月前に ある政治的な問題も絡み  ありえない様な  些細な容疑をかけられ どう考えても おかしな話で 留置所に拘留されていました。

 

裁判をする前に 更に どこをどうほじくり返したのか  脱税や 小さな余罪を被せられ 全く酷い扱いで 取り調べを受けたそうです。

 

 

そんな事が 現代社会でもあるのですね。

 

それを知っても私には どうする事も出来ず …ただ ただ  無事に帰宅するのを祈る日々でした。

 

そして 結局 わけのわからない裁判は 無罪で終わり ストレスからすっかり身体を壊し 年齢もあってか 持病を患い  ずっと床に就き今朝早くに 旅立たれた…

 

ご家族から数日前に危篤の連絡が入り どうしようもない 腹立たしさや 虚しさを抱えておりました。

 

 

f:id:spica0104:20171117150055j:image

昨日、夢にバシャールが出てきたんです。私の所にバシャールが来るとき、台詞はいつも決まっています。

 

「笑って、笑って」

 

次の瞬間、私は夢の中で 家族や友達と 南の島にいました。 大笑いをしていました。でも泣きながら笑っている、そんな不思議な夢でした。

 

そして 今朝のその方の訃報…

 

セッションが立て込んで 泣くに泣けず、やっと一人になり 琵琶湖のほとりに 来てみました。

 

しばらく 車の中で 声を上げて 泣きました。

 

少し落ち着いたので  ゆっくりと 悲しみの種類をサーチしてみました。そこには いくつかの悲しみが ありました。

 

寂しさや 切なさも ありました。

無力感、喪失感、…色々ありました。

 

 

かれこれ2時間ほど 経ったでしょうか…

湖に目をやると  目の前に 水鳥が 沢山集まっていました。

 

心の中の 複雑な感情を 吐き出してみると

 ポツンと 立っている孤独な自分が見えました。

 

その方の事で ずっと心を痛めたり 悲しんだりしていた  自分。今度は この子を 癒し 解放してあげよう…なんて想いました。

 

何ヶ月も心配や悲しみと 対峙していたのは その自分です。

ある日は 別な自分が 喜びの中にいたり 仕事していたり…そんな時も その子は  心の中のその方の悲しみや 苛立ちの部屋に 一人で いたのでしょうね。自分の中には 何人もの自分が 同時に存在しています。

 

 

 

 

 

今は空き部屋となった場所にも、その自分にも 「有難う、ごめんね、許してね、そして 愛しています」と語りかけました。

 

ハワイの「ホ・オポノポノ」の4つの言葉です。何度も何度も そう語りかけました。

呪文の様に 何度も何度もです。

 

やがて、すーっと ほぐれていく感覚が 出てきました。

 

 

私が 落ち着いて 明るく 楽しく 喜びに満たされる事が 亡くなった方の願いでもある筈です。

 

いつまでも悲しみにくれる事を 願ってはいないでしょう。

 

…私自身が 気分を変えていく事が 恩返しになると 思いました。

 

 

 f:id:spica0104:20171117150547j:image

何かを憂いたり

何かで落ち込んだり

何かで心配したり

何かで不安や 怒り

悲しみの状態に

なった時

 

人は その「何か」にエネルギーをいつのまにか

渡しています。そして自分のエネルギーは弱っていきます。

 

負の感情は 悪いものではありません。でも とにかく 知らず知らずに凄い集中力を使っています。消耗が激しいのです。妄想のホログラムもよりリアルになっていきます。

 

 

イマココ には

実はそうでは無い世界も 視点の違う世界も 見え方の違う世界も ちゃんと 別に存在しています。

 

無理に 前向きな考えをしなくても 強がらなくてもいい、  …とにかく 一旦 自分が落ち着いたり 安らいだりする事が大切です。苦しいまま 現実にほんろうされては いけません。

 

「何か」に注いだエネルギーを自分に取り返す必要があります。現実に 振り回されると   それについて 考えれば考えるほど 問題は  先は先へと枝を伸ばして大きく育ってしまうのです。

 

その現実は 過去からの蓄積が 形になって 目の前にきた 「単なる結果」。

 

既にチカラはありません。

 

そこに それ以上のエネルギーを与えてはいけないのです。リアルとは 強烈な体験です。でも 過去の結果に過ぎないのです。

 

どうなりたいか、どうしたら気分が良くなるか…

 

どんな未来を選ぶのかは 今の自分の選択次第。

 

 

 

自分の潜在意識に 入り込んでいる 悲しみや 悔しさ、諦め 無力感、罪悪感に対して、さっきの4ワードを語りかける…

 

もう1人の自分となって   少し離れた所にいる  痛んだ自分を癒す。そう 意識する。

 

そして 辛い記憶をクリーニングして行きます。

言葉をかけ、深い呼吸をし目を閉じて 瞑想をし …

 

そうやって少しづつ 明るい気持ちが 眼を出してきたのを感じた時、夕焼けが ものすごく強い光を投げかけてくれました。

 

f:id:spica0104:20171118130836j:image

気がつくと

前に停まっていた車のナンバーが

8888でした。

無限の循環を想いました。

 

人は 選択次第で 観る世界を変える事が出来る。改めてそう思った時間です。

 

お願い事と石との運命的な関係

8月、9月、10月と東京へ長期で滞在していました。皇居の勤労福祉に参加したり  セミナー、セッション、ワークをしたり…出かけている時間が 家に居る時間より圧倒的に多い日々でした。

 

 

f:id:spica0104:20171116093335j:image

その割には 大きく育つグリーン達♡こんな鉢が あちこちに。挿し木したり 株分けしたりしているので そのうち植物園の様になるかも…

 

 

考えてみると 昔から そんな生活でした。茶道の行事で京都、奈良へ長く滞在したり ネットワークビジネスのグループが 巨大だった頃は 海外と日本を行ったり来たり…月に数回の自宅ミーティングは 立ち席で満員御礼状態、終いには 閑散期の清里軽井沢のリゾートホテルを貸し切っての 大きなセミナーをしていました。ウエディングイベントを企画したり ワインの試飲会、勉強会、日本酒会、あ、イングリッシュローズオールドローズの勉強会を主催していた事もありました。

 

「その頃に比べると…今は 可愛いもんやなー.むしろ 規模や時間は 随分と こじんまりしてるわー」と 思います。あの日、体験していた事が 今、全てに活かされている。散々やってきた事なので 躊躇なく出来るのが有り難いです。

 

 

f:id:spica0104:20171116094243j:image 

要するに 組織で歯車として動くタイプでは無く  常に主催、経営、自分から始まるネットワークを作って それを動かす方が性に合っているのですね。

 

 

 

 f:id:spica0104:20171116094453j:image

繋がる、結ぶ 。そしてそこに 伝える、流す。…自立を促す…そんな循環の中にいたいと思っています。

 

 

先日 仲良しの長野在住の「番長」こと大久保さんに 数秘を見てもらいました。確か5000円?これ安いっ!と思うほど  物凄く 濃い!しかもまさにそんな内容で納得。

 

他にも様々な私にまつわる数字を解説してもらいました。行動が豊かさに直結する そんなナンバーが多くあった様です。要するに 動く人 でもあるのですね。お金も人も通って行くだけ。貯める、溜める気はありません。抱えても 重く 不自由になるだけです。流れて ナンボ。「駅」の様な そんな立ち位置。旅に出るのも大好きだから 軽いのがいいし。

 

 

人生の節目、その要所、要所に 必ず とんでもなくハイレベルのキーマンがいて 素直に導かれていた事も運が良かったと思います。「とんでもなくハイレベル」そこ大事!  世界でもオンリーワンレベル、又は 宗主だったり 日本1のレベルの方と 超至近距離で 仕事をさせて貰いました。 そのおかげで 自分には そういった方とご縁出来る「何か」がある、と思えています。

 

それは 今も続いていて 今度 高知に ある方のご招待で 遊びに行くことになりました。…話は ひょんな所から やってくるものです。

 

 

 

f:id:spica0104:20171116094730j:image

では そんな自分に 今、「不安が無いか?と言えば 毎日 何かしらの不安はあるし 下手したらかなり長い時間 悩み 落ち込む事だってあります。

 

でも 不安の中にいても 割と客観性を保てる様になりました。周囲から 自分に もたらされる 「言葉」のヒント、サインにも いつも助けられています。

 

周囲で起こる事って 私の波動をダイレクトに表してると思っています。良い人や優しい方に会った時、イコール自分が良い人、優しい人、と、考えるのでは無く(ここ 大事)    自分で自分を優しく「扱っている」、正当性を「自覚している」、そんな波動を出しているのだ、と解釈する様に なりました。

 

キツイ人や 強い言葉、酷い言葉に出会う事があれば(そんな事が 本当に無くて、それも感謝です)  自分が自分に厳しすぎる、もっと、もっと と、追い込んでいるのだな、とそんな風に思います。

 

どれも 良い、悪いは無く ただ それだけの事です。波動、エネルギーは 波。いつも形を変えています。変化があって 当たり前。

 

琵琶湖を眺めて 1人のんびりお茶する時間に  今日まで  どれほどの存在に導かれ、守られていたかを感じます。

 

琵琶湖を見下ろす 家具付き最上階ペントハウスの部屋に、今、こうして 住んでいる奇跡。

 

奇跡は 常に共にある。わざわざ信じ様としなくても 奇跡は日常に空気と同じ様にあるのです。そして 受け取る準備の出来たものに 降り注ぐ。尽きる事なく 無尽蔵に どの瞬間も 降り注ぐんです。

 

 f:id:spica0104:20171116095550j:image

今月は 冬至前の ブレスレットワーク月間。

ずっと滋賀で ワークをしています。

 

毎日誰かしら 美しい天然石のブレスレットを組んで いかれます。私は そのお手伝いをしているだけ。作り方を教え見守るだけです。

 

こうなる!と言う「意思」が石を選び  その「意図」を乗せた糸で繋ぎ それを受け取る時、喜びが輝き出すのを 見せて頂いている。

…幸せです。

 

ワークで紡ぐブレスレットは  誰のエネルギーでも無く 誰かの意図でも無く 「自分の内側に在る聖なる自分と繋がりを形にしたもの」 なんだと思うのです

 

 

石を送ってくださる問屋さんとは20年以上のお付き合い、それも不思議なご縁でした。今回は ツーロンやアリゾナのミネラルショー、あるいは 立ち寄ったハワイの展示会で 買い付けた石が 沢山届いています。クライアントさんの 願いのエピソードと 送られた石とのシンクロ具合も素晴らしく 驚きの毎日です。

 

 

冬至から来年の夏至までの サポート、タリスマンとなる石達は   その日 持ち主と出会える事がわかっているのでしょう。こうやって  なにもかもが、あなたを待っているんです。

 

 

自分を信じるチカラを

取り戻そうよ。

 

私が伝えたいのは

この1つなのかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

枚岡神社 本宮で待っていたもの

りなちゃんとの神社巡りの旅もいよいよ最後。

大阪の枚岡神社へ〜。

www.hiraoka-jinja.org

 *ホームページの中の 「宮司よりひとこと」が素敵すぎます!

 

 

f:id:spica0104:20171114125842j:image

 

f:id:spica0104:20171114125900j:image

こちらに寄る前に 鶴橋という街で

たこやきを食べ

更に あっちにより、こっちにより して

目指す神社へ着きました。

 

 f:id:spica0104:20171114125928j:image

 

f:id:spica0104:20171114125951j:image

相変わらずピンクの光を

背負ってるりなちゃん。

 

f:id:spica0104:20171114130010j:image

 中で 七五三のご祈祷しています。

 

f:id:spica0104:20171114163545j:image

虹色が 綺麗に映り込んだ♡

 

 

お詣りをした時、ちょっとした事があり本殿の中へ入れて頂けました。七五三のご祈祷が終わった後で空いていますから どうぞ〜という感じ。そのドンピシャのタイミングも嬉しぃ♪靴を脱いで本殿に入らせて頂きました。お参りが終わって   いよいよ本宮へ …登山です。

 

ameblo.jp

色々と書いてくださっている方のお陰で

迷わず 本宮に たどり着けましたよ…有難いです。

 

 

 f:id:spica0104:20171114130057j:image

展望台で休憩。大阪の街が一望です。

 

 

そこからまた少しだけ上へ・・・

いよいよ本宮です。こちらが そもそもの 枚岡神社だった場所。山の空気も気持ち良いです。

 

f:id:spica0104:20171114130149j:image

 

なにやら 石碑が…

 f:id:spica0104:20171114130642j:image

 

へぇ〜って …

 

 

 

ん?

 

 

え?

 

 

 

f:id:spica0104:20171114131237j:image

 

河野って…

 

しかも 藤原って…

 

藤!

 

 

と、思ったら 見えにくいけど…

 

f:id:spica0104:20171114131350j:image

下がり藤!

 f:id:spica0104:20171114164453j:image

こんな感じです。

 

 

偶然も ここまで 重なるとね╰(*´︶`*)╯

 

 

 

だから 何?と言われると

何も わからないのだけれど…

 

 

なんとなく 思うのは

 

そういう事って ちゃんとあって

守られてる…

側で 守ってるから 信じてね

と言うメッセージなんだなぁと♡

 

 

 

 

 

今回の神社ツアーのスタートで 見た藤の文字。旅の最後の神社までついてまわったことや

 

私は行く予定ではなかった枚岡神社。この日 突然 参加してみたら「河野」の文字を 見たりっていとおかし…なんだか 嬉しい。

 

運命が 決まってると 言うより

心の中のどこかで

そこに それらがある事が分かって

行動してる気もします。

 

 

「ふと、気になる 」に従って

りなちゃんと お詣りした沢山の神社。

枚岡神社は りなちゃんが 1人でも 行く!と決めていた所でした。初日は雨で挫折し 最終日に来れた。晴天だわ 本殿の中でお参りできるわ、本宮で 光のシャワーだわ…

 

 

後を付いてきた私は ひたすら

りなちゃんに感謝しています。

 

f:id:spica0104:20171114132625j:image

 

f:id:spica0104:20171114132639j:image

「まさみん、光が変〜、やばい!」

後ろからと呼ばれ「まじ?」と振り返ったとこ。

 

 

f:id:spica0104:20171114132716j:image

なんだか わかんない

ひたすら強い光

 

f:id:spica0104:20171114132944j:image

 

 

昨日は琵琶湖上空の雲が

まるで 蜘蛛の巣?幾何学模様?

っていう感じの 光を放っていました。

 

f:id:spica0104:20171114165046j:image

まるで みぞおち辺りにある

太陽神経叢…みたい。

第3チャクラ…

 

調べてみると  ここのチャクラは

光を体内エネルギーとして取り込み

活性化する…

 

と あります。

そして 不安をはねのけ、パワーに変える。

 

ああ、もう 何もかもが 感謝…

 

 

 

 

 

 

 

真名井神社と藤の絵馬 ②

 

 

 

{E3E676E9-433B-405C-9D14-ED791F3FA888}

藤の絵馬に びっくり仰天して

 

2人は 真名井神社へと向かいました。



ここまでのお話は ↓ 

spica0104.hatenablog.jp

 

{91A19714-E4B3-44A4-BC88-3BC72CC3799D}

{6AF89C5F-8AC3-4CF0-AD3F-66B679D93E70}


お気楽に歩いていたのですが

 

空が なんだか すごい雲になってきて

それもドキドキ。

 

 

真名井神社へ近づくにつれて

心臓もバクバク。胸の辺りが 開いて

自分が どんどん大きくなる 謎の感覚でした。

 

真名井神社

 

そして・・・

 

{8053BE3E-6B9F-4F12-B89C-931C900E7772}

{1F3F9A5F-79F2-473F-A333-2A8485F93475}

 

到着すると・・・あちこち絶賛修復工事中w

それでも お参りは可能で一安心。

 

 

 

 

{3CC9EBA3-E9A4-49AB-87E1-027F1621D28E}

{F4A6B040-2D1F-4161-90A3-6CB3197C487E}


 

ここは何と言っても「水」の神社。そして縄文の頃から存在すると言われる

磐座が祀られています。

 

 

真名井神社は、宮津市の籠神社(元伊勢)の末社で、今でも日本一の名水として人気があります。


 

 

滋賀に来てからは かなりの確率で

水系の神社のお呼ばれが 続いている事もあって

ここも 静かな気持ちでお詣りさせて頂きました。

 

 

 

 

{0DBA9170-2D42-4A2C-8C98-38A628911D16}

 

 

 

{01A1269E-FE13-4116-AE55-93A0636FBF68}

 

その後 車で天橋立方面へ移動。

空も真っ二つ・・・

 

賑やかな観光地と言った風情の可愛い町並みです。

途中 海鮮のお店で鯛のちくわを買ったり

試食したりして駐車場へ。 

目指すは 天橋立神社です。

 

 

 1080p天橋立・廻旋橋(3倍速)Rotation bridge of AMANO-HASHIDATE, Japan

 

細く長く 続く中洲へ渡る手前に

可愛い橋がありました。

のんびり写真を撮っていると

「橋が回りますので 早く通行して下さ〜い」と

叫んでいる人がいます。

 

 

 

廻旋橋といって 船が通る度に

橋をくるっと半回転させ

船が通りやすくするシステムの橋なんですね。

 

思わず 動画撮影。

 

大勢の方が見守る中

船は 静々と外海から内海へ。

 

「一日 何回くらい回るんですか?」

りなちゃんが 尋ねると

「不定期なんですよ〜。時間も決まっていませんし回らない日もあります」との事。

 

 

「わー、珍しいもの見れてよかったね♡」

なんて2人は満足し 天橋立へと上陸しました。

実は それを 帰りにも見ることになりました、

 

まさに 陰陽逆転の図。

そして

私には

世界が ひっくり返る…

(価値観が変わる・・・とも言える)

そんなサイン、メッセージに思えました。

 

 

{9034758F-A2DF-44A2-AEA1-85BE9C74E501}

{1A175338-BB3B-4F4C-AFD9-6A391B01A463}

 天の橋立神社は古い古いお社でした。
でも優しい気が立ち込め ほっこりできました。

お隣には 名水百選にも選ばれている 井戸がありました。
 
{2BD20365-0F98-46AA-964F-B8589AFAC916}

そこで木になったのは この木!
 
思わず
モシモシと 話しかけてみました。
 
 
{07F61B19-635A-45CA-A4C6-84E44BAF3333}

水の流れが伝わってきます。
千手観音様の様な パワーが♡
 
 
お天気もピーカンとなり 海も見れて
2人は すっかり リラックス。
 
あたりを少し散策し
その後 滋賀へと帰路に着きました。
 
 
 
 
 
帰りは
りなちゃんが 全て運転してくれました。
 
私は 頭が重く ドキドキも治らず
久しぶりに 大浄化の予感…
 
 
 
 
…また 熱なのか?
ぇー、それ困る〜…
 
 
 
 
車は 夕方に我が家に無事 到着。
 
{6AD7FA44-9377-4A0B-95F8-BFB771805CE4}

{410580C2-4A67-4E90-BDE0-B671B2E980A3}
りなちゃん、猫ばっか撮ってるしw
 
 
 
 
その後 お家でくつろぎ中の
りなちゃんも 似たような症状となり
妙にザワザワ。
 
浄化 発汗を促す
ジンジャーティーを しこたま作り
2人で飲んで  なんとか 事なきを得ました。
 
 
 
さて 明日は近所の龍穴へ…
 
 
ここからは
滋賀、京都、大阪の旅が始まります。
 
 
 
 

 

元伊勢(籠神社)、真名井神社、天橋立神社への旅①

皇居で知り合って すっかり意気投合した りなちゃんが 関西に遊びに来ました。2人で わちゃわちゃ京都、滋賀の 神社や綺麗な場所巡り。

 
そして今は 大阪に向かっています。
 
{0FC86CC0-276C-4539-BC96-025F0939F666}
快晴♡
 
 
 
 
11/8 朝10:30京都駅待ち合わせ、の予定で私は 1時間前に車で家を出ました。ところが 走り出して すぐ
 
 
「もっと早く行けそうでーす^ ^」
「30分早く着きます」
「40分早く着きまーす」
 
・・・自由な りなちゃんからのラインw
 
 
まじか!(…私.が 間に合わんw)
 
 
…そこで待ち合わせを うちに近い山科駅に変更してもらい 2人は 駅前ロータリーで 熱いハグで再会しました。予定より40分近く早く会えて嬉しい!
 
 
 
 
 
そして 目指すは 元伊勢、真名井神社、天の橋立神社の「人生を変える三社!」(もちろん バリバリ日帰りコース)小雨でしたが 超盛り上がってドライブスタート。
 
 
 
なんせ、私らは 勢いで仙台まで日帰りドライブも やってしまうツワモノ。雨だろうが 高速だろうが 遠かろうが まったく御構い無しです。グーグルマップの設定もバッチリ♡
 
…ところが  何を思ったか 
 
 
 
途中で 高速の分岐を反対に 乗ってしまいました。w(笑)やらかすのも早い
 
 
盛り上がりすぎて ナビの声聞こえず…。一番近いインターで 高速降りて、又乗り直し。…そして下道に降りてUターン場所を探しました。まったく知らない街です。多分高槻過ぎたあたりかな?でも それも楽しくて ゲラゲラ笑ってばっかりでした。
 

広いスペースをみつけ セコセコ Uターンしてると なにやら可愛い小振りな神社が 真後ろに!「お、寄ろう寄ろう!」となって お参りしました。「大藤神社」と言うお名前の神社です。
 
「藤」の名前がつく神社は 初めて〜^ - ^
そして 調べてみると 御祭神はスサノオ様!何やらこれは 呼ばれた感たっぷり。
 
 
 
間違えて 降りて お参りした時間は30分〜40分程。又高速に乗り 今度は間違えないように 分岐も正規ルートに乗れたみたいで 目的地を目指しました。
 
 
正規ルートを走っていると  途中で 路肩にかなりのへこみ方をした事故車がいました。…既に事故処理も終わり あとはレッカーを待つ感じでした。
 
 
道路間違えたのも  神様の時間調整だったのかもしれない…
 
「あのまま スムーズに行ってたら 渋滞とか 面倒な場面だったかもー」なーんて話しながら 2人は 無事 元伊勢、籠神社に到着しました。気がついたら お天気も回復。すっかり青空。
 
 
{EF40D910-39D9-4F7F-A572-180A85ADF6DA}

{152F3637-0E36-4CA5-BF6C-B3DEB9B96F38}

荘厳!
 
 
そして お参り後 こちらの奥宮にあたる真名井神社へ。
 
そこで
 
{902408F7-C4FE-4D92-9D01-525B267D8BEC}
 
 

ん?
 
 
 
 
 
{09005E92-E83E-43FF-8094-4B99C8792EBF}


↑藤!
 
 
 
 
藤 !
きたーーーっ
 
 
 
 
と、言うわけで  時間調整どころじゃなかった 大藤神社の ステキなミラクルに グエグエ言いながら 真名井神社へ 歩いて向かったのでした。
 
 
 
今後の人生で
「しまった!道間違えた」
とかね、これからは ゼッテー 思わないと
誓った 2人です。
 
 
つづく
 
電車が大阪着いたので 
慌てております・・・^^;
 
 
 
 
 
 
 

パチリパチリ

パチリ、パチリと毎日 毎日 ジグソーパズルのピースが見つかって はまっていくみたいに 出逢いがあったり 知り合いや友達が 繋がったり 、その先にもっと 面白い展開と答えあわせが待ってたりする 毎日です。退屈する暇ありません。わー、これまずい展開?と思って 落ちこもうかな?と思ってる隙から 笑っちゃうシーンに変わっていく…

 

わちゃわちゃ 喜んでいたのですが

今、ふと…

パチリパチリって

ジグソーパズルじゃなくて

 

碁石を並べてる音かも…

なんて思い始めました。

 

 

碁盤の上には

宇宙があると言われています。

 

何も無い空間に白の石と黒の石を並べていく。

実力のある方同士の 囲碁勝負は 勝敗のついた碁盤の上も 神秘的で 綺麗なんです。

 

勝負しながら 陰陽を繰り返して世界を創っていく。まるで何かのシンボルを かたどって居る様にも思えます。

 


その軌跡や模様は 複雑で 繰り返される幾何学模様にも似ていて宇宙の構造や事の起こりなどに重なって感じられます。

 


陰陽と言えば…冬至まで あと1ヶ月と少し。

ブレスレットを作りに来る方が増えています。石を並べた うちの部屋に 入るだけで エネルギーの違いを 感じる方も多いです。

 

自分と波長があうもの、今必要なもの、補ってくれるもの …それを自分で感じ取って選んでいく…その前に 自分が わかっているんだなーと 思います。選んでいる様で 実は 選ばされている。陰が極まるまで あと少し。自分の内面を整えて 春に向かいたいですね。

 

 

 

囲碁は …

 

私も詳しいわけではありませんが

子供の頃 父親が 熱心に教えてくれて、お陰で

基本のルールは知っていますし多少は打てます。

 

将棋やオセロ、チェスとはちょっと異なる発想が要求されますよね。


数学者には 囲碁好きが多いという話ですが

数学の問題を解くのと 似ているのかもしれません。


数学者は (物理学者もですが…)宇宙の神秘を解いている様なもの なのでしょうね。


太陰対極図を見るとき、数学者であった父が

囲碁は宇宙なんだよ」と、言っていたのを思い出します。…今なら 少しだけ わかるかも。

 

 

一昨日あたりから また 新しいミラクルな繋がりが 起こっています。 

 

そのお話は 又機会があれば…

 

小さな流れが  やがて 大きな水路に…

そして 水源に導かれる。

 

そんな毎日に 今は ただただ 感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対的なもの

昨日 とあるヒーラーさんと、夜、長いライン電話をしていました。2人の共通の話題としてあったのが  最近 他人に対して 「違い」を感じなくなって来た、と言う事。

 

「価値観の違う人が  周りにいないから?」「電車も最近乗らないしね〜」なんて 話していたのですが…

 

いやいや、そんな事もないぞ…

私、めっちゃ新幹線 乗ってるし

しかも自由席だし

飲み屋にもファミレスにも行く。

 

スタバなんて 、「お勤めですか?」って位 毎日 行ってる。ゴールドスター 2巡目も貯まりました。幾らお金をスタバに落としてんだろー(…いいんです、株主ですからw)

 

 

11月に入ってからは 家に ほぼ 毎日 人が来てるしクライアントさんも大抵、知らない友達を連れて来てくださいます。その中には かなりの確率で

「連れてこられた…」的な  スピが 苦手な人もいます。要するに価値観違う人にも 触れてます。…それでも 「違い」にフォーカスしなくなってる、と言う事は  外側が どーのこーのと、言う事ではないのんね、きっと。

 

 

自分の変化って、 人に言われて 気がつく事多いです。「周りの現象が  全部、自分の中身の反映だ!」って気がつくと 自分の変化もよくわかる。

 

f:id:spica0104:20171106113533j:image

この時間はシルエットが綺麗♡

 

 

 内側イコール外側…

これは 沢山の方が言っている事。

 

ただ…

「周りが 優しいから イコール自分も優しい人だー」

 

…と言う 解釈では  かなり表面的過ぎるかな?

と思います。

 

 

そもそも 過去に どこかで習って来た

「人は優しくあるべき」とか

「誰とでも仲良く出来ないとあかん」

「友達は多い方がいい」

「好き嫌いは 言っちゃだめ」

なんて言う基準…

 

これ、厄介です。

 

 

汝の隣人を愛せ、困ってる人がいたら 助ける、…情けは人の為ならず…様々な解釈がありますが ザックリ言うとこれらの諺に共通してる事… 「他人って  全て自分自身」って言ってるんじゃないの?…なんです。

 

「他人にしてあげたい」と思ってる事って、「自分がそうされたい、したい」って事だったりする。

 

他人が やってて 悔しい、羨ましい、素敵だーと思う事も、本当は 自分がしたい事。でも自分は それをなんらかの理由で、出来なくて 歯がゆい、諦めてる、我慢してる。だから 他人が いとも簡単にそれをしてると 何故か ザワザワする…

 

 

 「誰かに見てもらう、見てあげる」「話を聞いてあげる、聞いてもらう」、「相手にする、される」「認めて欲しい、認めてあげる」

 

 

他人の顔をした 自分。

自分をあらためて 認識するために 私達って この世に生まれてるのかもしれませんね…

 

その前の段階で

「役に立ってる」「価値ある存在」と思いたい、と言う気持ちがあります。

 

加えて  「優しくされる事」で満たされる、愛されてる、と言う  想い込みも いつのまにか  埋め込まれていたりします。

 

でもね、それデフォルトでは 無いんです。

全部  後付け、なんです。

 

 

「相互」

「相対的」

「条件」

 

環境や人、と言う条件が整うと 満足する。

 

 

「都心」の「高級住宅地」に「一戸建て」

と「外車」と 「若い嫁」と「ブランド犬」、「お高い品々」「予約の取れない店の常連」「月一の海外旅行」そして、「だから俺って凄い!」。それがアベレージなら良いけどって話ですよ。

 

「」の条件を満たせば満たす程

満足度合いも上がる…?のかしら?

 

では 「」の中が 埋まってなければ あかんのか?人として価値がないのか?って話です。赤ちゃん どうなるねん。寝たきりの人、どうなるねん?価値ないんかい?

 

 

ここから 宇宙の仕組みですが…条件って あってもなくても、あんま 関係ない、って話になってきます。

 

 

そして、その更に 深いところに「絶対」があります。

 

 

これは「対」を「断つ」と書く。

相対では 無いよ、という事。

 

 

上下

陰陽

裏表

内外

男と女でもない。

 

(昨日 古神道系のヒーラーさんに教わった…)

 

 

いるだけでいい

あるだけでいい

何かと比べる必要もないし

他人の事 気にならんし

どんな状態でも OK

 

…って奴です。

 

なかなか出来ない事です。

日本人は 相対的な観念が 他国の方より何割か強い民族でもあるらしい。

 

 

でも この絶対 、と言う価値や基準が  腑に落ちてくると 周りが 勝手に「整う」、そして運ばれ出し、宇宙からのエネルギーチャージが激しくなります。

 

龍だの観音様だのが シンボルとして見えたり 聞こえたり、感じたり…オーラ見えたり 土地に呼ばれたり 人に出会ったり の、ミラクルの「ミラ…」あたりまで 来てる方も最近は  圧倒的に増えてるらしいです。

 

エーテル体、アストラル体が わかり始め 見えないものと繋がる、と言う感覚が、わかってくる。

 

ここらで 勘違いして トラップにハマる人も 多いです。でもそれも その人に取っては 必要な事。そこから気づけばいい、のだし    今生で間に合わなくても転生もありますから、多分…。

 

そもそも存在しているだけで 人は奇跡、ライトワーカーな訳です。「そうでない人」「そうな人」と選抜、選別する様な事でもない訳です。

 

魂を成熟させる には  色々な「 後付けの価値」を 「手放し」て「本来の自分に還る」プロセスが必要なようです。実は かなりソリッドな道、なのかもしれません。

 

 

 

100匹目の猿的な話…意識のシェアの世界に入り込み メンタル体をも超え、コーザル体に移り  そこで又輪廻転成を繰り返しながら  やがては そこからも脱却し 生きながらアセンションを経験し 愛の力に繋がったり 絶対的な感覚を 感じ出す。…世界の全部がミラクルになって あれよあれよと 運ばれる。

 

オールドソウル達は その流れの中で  常に「今ここ」を伝え続ける。

 

 

 

 

 

覚醒は 1人では出来ません。学べる物でも無いと思います。それはそう言った覚悟に対しての 恩寵として 在るものです。

 

 

f:id:spica0104:20171106115121j:image

10月は そう言う 気づきをくれる話や 出来事の連続でした。

 

自分が 一歩を踏み出したのって  いつからだろう…なんて思ってたら …22年前の あの日からだ!みたいな事に出会うし、その時の生き証人みたいな人にも ばったり出会う。

 

今、何をしたら良いのかな?と思うと 縄文の話ばっかくる、そこに 行かされる。

 

土着の…その土地本来の成り立ち、独自の成熟の仕方、そこに目を向けさせられる昨今です。

 

そして 私はパースへ〜、釧路へ〜、レバノンへ、サンフランシスコへ〜、な、訳です。

 

海外旅行行くのに いくらかかるかなーと 思っていたら  「マイル余ってる」人から連絡来ましたよ…要するに ただ みたいです。

 

両手は 空っぽにしとくに 限ります。