読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

琵琶湖に呼ばれて -序- 

はじまりのはじまり

2015年10月末、京都で泊まりがけの仕事がありました。生憎宿を取ろうにも紅葉シーズンの為 値段がいつもの3倍…
 
困っていたら  知り合いのF女史が「滋賀の琵琶湖の畔に建つマンションに住む友人がいるから泊めてもらえないか聞いてみようか?」と提案してくれました。 
 
地理的にも京都に近いらしく 私にとっては大助かりな話です。そこに住んでいるお友達の話は前々から聞いていました。F女史曰く、「宇宙人みたいな子なのよ!」どんな人達だろう?お目にかかるのも楽しみでした。それから数日してOKのお返事を頂く事が出来ました。紹介して下さったF女子も観光を兼ねて 琵琶湖で合流する手はずとなりました。
 
 
 

琵琶湖の美しさに唖然

 
仕事も無事終わり 早速 住所を尋ね 滋賀に移動しました。
 
京都から余りにも近い事に先ずびっくり。
おしゃれで素敵なマンションにびっくり。
ゲストルームの素敵さと 目の前に広がる琵琶湖にもびっくり。
 
そして何よりも琵琶湖の神々しさに一番びっくりしました。
 
 f:id:spica0104:20160528232444j:image
海だったら、ここまで水辺に近い所には住めないでしょう。
数歩先には 静かに揺蕩う琵琶湖…その存在感のすごさと美しさに圧倒されました。 
 
 

なめらかに繋がっていく縁

F女史から ご紹介頂いた マンションオーナーのYちゃん、ルームシェアをしているPちゃんともすぐ仲良くなりました。私達4人は大いに盛り上がり泣いて笑って初対面とは思えないほどリラックスした時間を過ごしました。
 
 
実は その日の出逢い、そして楽しい会話のなかには 新しい人生のスタートへの示唆が沢山 隠されていたのです。
 
それらは そこに居た4人の人生に巧妙に編み込まれ  私達が気づく日をじっと待っていたのです。
 
 
 f:id:spica0104:20160528232516j:image
 
全ての予定をこなし帰路につく時、無性に寂しい気持ちになりました。何が寂しいのか、よくわからないけれど 離れ難い気持ちでした。「こんな事もあるんだなぁ・・・」なんて高速を運転しながら思っていたっけ。
 
その時の私には この先に待っている沢山のミラクルの予感すら ありませんでした。
 
  

 忘れられない湖

その日から家に戻っても、仕事をしていても、琵琶湖の景色が浮かびます。京都に行きたい、では無く ただ琵琶湖に行きたかった。恋しさが募ってYちゃん、Pちゃんに
「また会いたいよ〜」「クリスマスパーティやろう!」と無理やり持ちかけた程です。2ヶ月先の12月26日に又琵琶湖の畔の部屋で会える事になりました。
 
 
 
 
f:id:spica0104:20160528232740j:image
 

Perfect Timing

この出会いから半年後の今、私は 滋賀に住んでいて、今も琵琶湖を眺めながらブログを書いています。 あっという間に 何もかもが スムーズに決まってしまいました。
 
 
 
 
これは偶然かもしれないのだけれど・・・
 
窓の外では このマンションが建てられて約20年にして初めての外壁の改修工事が始まっています。屋根や外壁、共用部分の壁それにエレベーターや各戸のベランダやドアもすべて塗り替えられ廊下の照明、ダクトなども取り替えられてキレイになるそうです。 入居直前にはマンション内部の上下水道のパイプの大掃除や電気メーターの一斉取り換えもあったそうです。
 
それからもう一つの偶然…
マンションの近所に かなり大きなショッピングモールがあります。十数年前に建てられ、一時、賑わったけれど 廃れてしまったそうです。
 
入っていた店舗はどんどん撤退。空の建物だけが長いこと巨大な廃墟になってしまっていました。それの改装工事が始まり 大手のテナントが沢山入り、昨年の12月から生まれ変わってリニューアルオープンしたんです。
 
スーパーマーケット、ドラッグストア、お花屋さん、家具家さん、そして今時のファストブランドなどの大型店、書店、美容室、ネイル、100円ショップ、カフェも沢山入っています。おまけに小さなお子様向けの動物園。屋外にはフットサルコートと本格的なアスレチック施設があります。 土日は大型のパーキングが満車状態です。
 
それでも21時に閉店になると  辺りはまた静かになります。
 
うちのマンションからは徒歩で5分位。琵琶湖の脇を通ってお買い物に行っています。
 
ここに これが無いと 私は お買い物に困っていただろうと思うんです。
 
 
 
 
 
 

神様の緻密な計画と それを知らずに生きる私の無計画さ、その間で運命は秘めやかに進んでいます。

最初は変化の兆しに翻弄されていた私も 今ではすっかり流され上手になりました。と、言うより受け取り上手になったのかな。

 
必要な事は全て整い  最高のタイミングで事は起こる。わぁ嬉しい♪と受けとる。悪い事は何一つ無く 全ては 喜びの記憶に変わる。あれこれ悩むのは もうやめにしようと 思います。
 
 
 
 
 
 
 
 f:id:spica0104:20160529181424j:image
これからゆっくりと琵琶湖に呼ばれたプロセスを綴っていきます。 
私の人生に こんな不思議で楽しい事が 起こるなんて…未だに信じられない、 何かに記録して置きたいと 思いました。
 
いつか どなたかの小さな気づきや 何かのきっかけになれば幸いです。
 
 

 

広告を非表示にする