読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

琵琶湖に呼ばれて ②伊勢神宮が繋げてくれてたのかも?

滋賀県に移り住む経緯は 実はあまりにも複雑な糸が絡んでいて、一体どこから始まったの?って考えると途方に暮れてしまいます。生まれた時から ううん、生まれる前から実は 始まっていたのかもしれませんね。

 f:id:spica0104:20160303200702j:image

分かってないのは ヒトだけなのさ

… そんな事を言いたげな渡り鳥の横顔。

 

 

 

 

痛い辻褄合わせ

 

spica0104.hatenablog.jp

前回は 琵琶湖と出会うまでの経緯を書きました。今回はその翌日のお話をもう少し詳しく書きたいと思います。

 

大好きなYちゃんとPちゃんのこと  

仕事も無事終わり、マンションにお住まいのYちゃんとPちゃん にお礼をする為に7階の彼女達の部屋へ遊びに行かせてもらいました。2人を紹介してくれたF女史も一緒です。そこでとにかく長い時間 沢山の話をしました。Yちゃんがマンションを買った経緯、YちゃんとPちゃんとが 知り合って ルームシェアするまでの経緯、仕事の事、滋賀県や京都、そして琵琶湖の話。 

 

Pちゃんは本当なら 今日はお仕事で私達とは会えない筈でした。…ですが 少し前に腰を痛めてしまい今日は「たまたま」家にいたのです。

「何故痛めたの?」と聞くと  「仕事で前々から腰が痛かった事もあるんだけど・・・」との前置きがあり  そのいきさつを教えてくれました。

少し前に伊勢神宮にYちゃんとお参りに行った帰りに京都の駅前ホテルのカフェに寄ったそうです。・・・で急にギックリ腰みたいな症状になったそうです。その時は 救急車まで呼ぶ騒ぎで大変だったみたい。

 

今度は Yちゃんに 「なんでお伊勢さん 行こうと思ったの?」と尋ねました。彼女曰く、雑誌見ても 新聞みても 人の話も 「とにかく 伊勢神宮だらけ!」・・・に なった日があったそうです。そして「これは行くしかないな!と思って出かけた、と言うのです。

 

その帰り、Pちゃんの腰が ギクっとなり 病院へ…。とりあえず 痛み止めをもらい 帰宅。その腰痛のお陰で しばらくは仕事は休み。

 

…そして 私たちは全員揃って会えたのです。

 

Pちゃんには激痛でお気の毒な経験ですが、そうでもしないと こうやって揃って会えなかった、こんな話も出来なかった。

 

・・・そうなのかな、そうなんだろうな、きっと。 

 

 

f:id:spica0104:20160526181656j:image

 

伊勢神宮の後の高熱

その半年ほど前の4月21日。私も伊勢神宮に友達とお参りに行っていました。

 

きっかけは いつも食事やお茶をしていた仲良しのMちゃん。 その日も一緒に名古屋に 食事に行く途中でした。名古屋動物園の近くで 空かピカッと光り何かが横切りました。一瞬の出来事。

・・・その時はMちゃんもそれを見て 2人で「今、光ったよね!」と話していたんです。

 

 そして、その日の夜「美味しいものばかり食べてないでお参りに来なさい」と神様に叱られ 金縛りになる と言うヘンテコな夢?体験?をしました。ある意味お告げだな と思い、Mちゃんを誘い お参りを決めたのです。

その日 偶然Mちゃんからも 「お伊勢詣りしてる夢見た!」と連絡がありました。それもびっくりでした。

 

21日は伊勢神宮の真っ白な神馬が本殿に詣でる日。(1のつく日がそうです)暗いうちからスーツ姿で家を出て お馬さんを見て その後 内宮本殿で正式参拝。(超緊張しました)

 

そして  おかげ横丁に寄って飲んで食べて楽しく帰ってきたのです。全てが素晴らしい1日でした。

 f:id:spica0104:20160530174956j:image

これは その時の記念写真です。道行く人に私のiPhoneで撮ってもらいました。真ん中が私。両隣のお友達は お顔を♡マークで隠してあります。  私が手に持っているのは伊勢神宮のお守りの紙袋。そこから上に白い煙の様なものが顔まで伸びています。その時は ギャー!と思いましたが「まあ、お守りから出てるし いいかーっ」て深くは考えずにいました。

 

その翌日、 私は40度を超える高熱に襲われました。熱が凄くて意識を失いかける程。お水すら飲めないのです。しかし一日であっさり熱は下がりました(正確には8時間程度で下がりました。)・・・あれは 何だったのだろう?とにかく辛かった…

 

 f:id:spica0104:20160529164320j:image

そんな事があったので 、Pちゃんの腰痛って「もしかすると伊勢神宮のせいじゃない?」と伝えてみました。「だったらすぐに治るはずだよね?」と。そしてやはりその通りになりました。椅子に座るのも辛かった彼女が私達が帰る頃、割りと普通に歩けるようになっていました。 

私の高熱といい、彼女の腰痛といい …何なのでしょうか・・・?

 

神様、早めに気が付くようにしますので今度から痛いだけはのは勘弁して下さいね、と思わずお願いしてしまいました。

 

 

 f:id:spica0104:20160528233534j:image

家具も少なめの我が家(笑)シンプルが一番♡お掃除もラクですね。

 

 

お玄関と水回りの掃除

Yちゃん、Pちゃんのお話をもう少し続けます。彼女たちの部屋は綺麗だし窓からの景色も文句なし。それでも私には一つだけ気になることがありました。それは玄関に色々な物が置かれていたことです。旅行のトランクや靴や傘・・・。物が多すぎるな、と感じていました。

 

縁起を担ぐ訳ではないのですが、玄関は とにかく綺麗にして 出来れば物を置かない方が良いと思っています。家にとって 玄関は エネルギーの入り口だと思うからです。できるだけ綺麗な方が良い。

その事を彼女たちにメールで伝えました。「なるべく早く玄関を綺麗にしてみてね。」

 

メールを読んで  足が痛くて横になっていたPちゃんが即座に玄関掃除を始めてくれました。最初は足をかばいながら、でも最後は夢中になって掃除しまくったそうです。気が付くと足の痛みはどこへやら。玄関はスッキリピッカピカ。

掃除の途中で「傘ってこんなにあったんや〜、2人やのに6本もあったわ」とか「靴も履かないのがあって、捨てました!」とか可愛い実況中継が入ります。「玄関の床も雑巾がけしましたよ〜♡」と楽しそうなPちゃんのメールに私まで嬉しくなりました。

 

更に「それ終わって元気があったら水周りもやってみて〜」と頼みました。今度はYちゃんが仕事から帰宅して掃除をしたようです。

キッチンシンクの排水口は特に念入りに…生ゴミ受けや ドレンの蓋、それから塩ビのパイプの入り口まで掃除する様にアドバイスをしました。水周りの排水口は エネルギーの出口…そんな風に思えて仕方ないのです。

 

「部屋が綺麗って気持ちいいですね〜」と報告が入ります。もともと綺麗な部屋だったので掃除も直ぐに終わり益々綺麗にシンプルになったようです。 

 

直ぐにやる 素直に聞く

私はいろんな人に同じ様に伝えます。こんなに直ぐ掃除をしてくれた人は初めてかも知れない。色々な言い訳をして掃除すら やらない人が多いのです。でも所詮は人の家、それ以上私には言えません。 

掃除をしたからと言って何かご利益があるか?と言われてもわかりません。それでもやっぱりお玄関が綺麗だと気分もいいし運気が上がりそう?気分も良いはずです。だからいつも余計なお世話と思いながらもやんわりと「お掃除したほうがいいよ〜」と伝えています。 

 

 

 

彼女たちは その日から確実に運気アップが始まったみたいです。そして運気がアップしてる事に本人達も気が付き始めていました。(ここ大事!)「会いたかった人にばったり会えた!仕事でアポが幾つも入るようになった!」「玄関掃除を教えてくれて有難うございます〜」 「玄関掃除のおかげや〜」と1から10まで嬉しそうに報告してくれました。

 

素直って素敵だなと思います。素直だから運気が上がるのか 掃除のおかげなのか?

その因果関係も不明ですが・・・でも、素直に喜ばれると こちらも嬉しくて「もっともっと良い情報を伝えたいし 良いことがあれば お裾分けしたい!」と思います。

 

 

お礼を言えない、喜べない、気がつけない人も沢山います。

癖や習慣なのかもしれません。

人のお付き合いって、お互いの素直さのバランスが取れていればきっと上手くいくのでしょうね。私も随分と空回りのストレスを味わいました。今では 「相性いまいちなのかも?」と軽く受け止めています。

Yちゃん、Pちゃんとはそういう相性も良かったんだろうな。

 

私達はそれからとても親しくなり 今も喜びや楽しみを共有しています。

会うたび楽しくて楽しくて 笑い過ぎて呼吸が出来なくなる程。 

 

神様が素敵な友達を授けてくださったと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする