読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

人生を変えた出会い ①可愛いチャネラー Namieさん

人生を変えた出会い

15年10月に琵琶湖に出会い、その1ヶ月後の11月24日にNamieさんというチャネラーさんと素敵なご縁が出来ました。彼女の言葉が私を「約束の地」に着地させてくれました。そしてNamieさんに繋がる間には 大切なお友達が何人も居てくれました。

 

その誰もが自分の中の不思議な感覚を信じていた事、そして素直だった事・・・。

どれ1つ欠けても私は近江には辿りつけなかったでしょう。

今回は出会いと不思議なタイミングのSTORYを綴りたいと思います。

 

 

 f:id:spica0104:20160529161521j:image

 Hさんとの繋がり

FB上に「日本酒会」と言う公開グループがあり、そこで親しくやりとりをさせて頂いているHさんからのご推薦でNamieさんを知ることが出来ました。

Hさんとは 滋賀に越してからは オフ会などで 何度かお酒を飲んだり 深い話をしたり。ご家族の方々とも 仲良くさせて頂いています。その当時は まだ面識はありませんでしたが FBのタイムラインで  本の話題、健康に関する話題、お料理に関するやりとりを 随分させて頂きました。そして だんだんとスピリチュアルな話でも盛り上がるようになっていました。

スピリチュアルな話題の最中、 十数年前、人生の岐路に立っていた私が出会ったお作法の先生のお話をさせて頂きました。

「人として生きるとはどういうことか?」「宇宙の理」と言うものが在る事などを学ばせて頂き、以来ずっと師事している方です。

 

***心の師***

その方は松山にお住いで お茶やお作法の先生をしておられます。さらにチャネリングもなさる(むしろそっちが有名で今や予約すら入らない)FS先生。チャネリングと言っても、見えない世界の怖い事や因縁めいた事を伝えるのでは無く、日々の丁寧な暮らしや物を大切に扱うこと、言葉の持つチカラ、そして日本の伝統的な行事の意味などを丁寧に こちらの相談に絡めてお話をしてくださいます。お話していると心が落ち着き明るい気分になれます。 

私が今こうして在るのは先生のおかげだなと思っています。

「人として生きる事とは 空気、大地、水、植物動物達を尊ぶ事。様々な仕事をされる人達のご苦労をしっかりと踏まえる事。尊敬と感謝の気持ちを持つ事。仕事への覚悟、教わることへの素直さが大事」

…など、当たり前だけれど、忘れてしまいがちな大切な事を沢山教えて下さいました。

教わった事は今も肝に銘じています。

***

 

Hさんは 勉強熱心で 仕事関係では 完全に理系畑の方。さらにスピリチュアルな事柄や哲学的な事にも造詣が深く知らないことが無いのではないか?と言うほど物知りです。

 「松山に行って その先生に会ってみたい〜。でも遠いし時間も取れない」と・・・悶々とされていました。そしてある日スピリチュアルカウンセリングをされているNamieさんのブログを見つけセッションを受けにいかれた訳です。

 

Namieさんのブログを見つけた事も偶然ではないと思います。おまけにHさんは驚くことに滋賀在住!これも運命の中に 仕組まれていた事?と思わずにはいられません。

 

Hさんの見つけたNamieさんのBlogです。

天然石のアクセサリーやサンキャッチャーもとても素敵♡

毎日チェックしています。

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F女史へと渡ったバトン

 

Hさんが セッションを受けに行った時、Namieさんは大阪にお住いでカウンセリングやセミナーも大阪でされていました。Hさんから すぐにセッションを受けた様子と感想がメールで届きましたがその内容は驚くべきものでした。 

具体的な事・・・今の仕事についてや人間関係について、 どうしたら良いか?なぜそうなるのか?そもそも何をしたら良いのか?などを わかりやすく前向きな明るい言葉ではっきりと伝えられたと言うのです。聞いてもいない家族のことや仕事の事でも まるでその場にいるかの様にアドバイスされた、とも。そのメールを読んで  特に悩みもなかった私ですが、行きたくて行きたくてたまらなくなりました。

 

そして その日のうちに仲良しのF女史にHさんの話を教えてあげたのです。F女史は滋賀のYちゃん、Pちゃんを紹介してくれた人でもあります。彼女は行動力と好奇心が私の百倍凄い(笑)なんと!教えた本人の私よりも早く予約を入れ直ぐに大阪に行ってしまいました。 「今 大阪だよー。 さっきセッション終わった〜!」「え?何が?」「ほらー あなたの言ってたなみえさん!」「はやっ」

 

 成功者は大抵フットワークが軽く行動に移すのが早いのですが、彼女もまったくその種類の人なんです。

 f:id:spica0104:20160527015532j:image

F女史は 人気エステテサロンを経営している実業家。非常に聡明で人情味に溢れ  周りの人達からも 信頼の厚い姉御肌のかっこいい女性です。美と健康に詳しく勉強熱心、そして何不自由ない暮らしをされています。ただ もともとは そういうスピリチュアルに凄く興味があった訳ではなく「スピリチュアル?・・・うーん ?」と言う感じでした。

 

ところが潜在意識や脳の活性化などの話をしていた時に 参考になればと思い 松山の先生の話をすると「行ってみたい!」と言い出したのです。  難易度高めな予約もあっさり入り(不思議と彼女は いつでも するっと取れてしまう・・・)松山に飛びました。しかも…翌月からは 毎月通い始めました。・・・なんでなのだろう?今もって不思議でなりません。

 

そして勢いのついた彼女は 次にNamieさんのセッションを受けに行きました。 私にそのセッションの報告をする電話の向こうの彼女は涙声。なんだか感動した! 心が震えた !を連呼。しかも「松山の先生と同じ事を言われた〜っ」とまで。私の信頼する松山の先生と同じ内容!そこに私は感激しました。

***

 

 

Namieさんと繋がる

私もその日のうちにNamieさんに予約メールを入れNamieさんとセッションの日時の打ち合わせをはじめました。メールのやり取りの中で 先に行ったHさん、F女史が友達である事、それから私とFさんが一緒に二人で予約を入れる事って可能ですか?と質問しました。

大阪まで行く道中もF女史と一緒なら楽しいかな?と思ったのです。

 

Namieさんから「私がそちらへ行きましょう」と返事が帰ってきました。 

その何気ない一言に私は震えが来ました・・・実は十数年前に松山の先生のお宅に初めてご相談に伺った時、一言一句違わない 全く同じセリフを言われたのです。 初対面でお目にかかった時でしたので「いったいどこに来るの?」と唖然としました。それは札幌の私の実家のことだったのです。 

その頃 札幌の実家には困ったことが沢山起こっていました。先生に来て頂いた直後から実家ではものすごい展開となり 様々なことが動き始めました。その結果 私や私の家族の人生が良い方向にガクッと変わりました。今持って、信じられない、忘れられない出来事です。その件は また機会があれば 書いてみたいと思っています。 

 

Namieさんのセッションがいよいよ始まる!

こちらにお越し頂けるなら友達も呼ぼう!と言う事になりました。集まったのは14名!

お初にお目にかかるのに1泊2日、 更には 大人数のセッションをして頂く事になってしまったのです。場所や日時、参加人数、その他諸々のスケジュールがトントン拍子に進んでいくのも驚きでした。 

・・・この段階では私とNamieさんは未だ面識がありません。ですが、メールでスケジュールの打ち合わせをしていくうちに 私の飼い猫が病気になったり メールに返事ができない程の異常な眠気に襲われたり・・・。その都度  Namieさんに事情を話しメールでアドバイスを頂きました。 まだ会ってもいないのにアドバイスは的確でした。

 

 f:id:spica0104:20160601152721j:image

そして とうとう その日がやってきました。

初日のセッション、トップバッターは長年の友人で美容院のオーナーのKちゃん と言う女性です。彼女もそう言ったカウンセリングには 半信半疑。でもちょっと悩みもあるし 良い機会だから1時間受けてみようかな?と参加してくれたのです。 

私が会場に着くと 彼女のセッションがちょうど終わった様でした。様子も知りたいし、早く挨拶もしたくてコーヒーを乗せたお盆を持ってセッションルームに恐る恐る入りました。

 

そこにはNamieさんと私の友人Kちゃん、がいました。出会ってから泣き顔を一度も見た事のない彼女が 目を真っ赤にして涙を拭いています。体が震えて止まらなかったよ、と教えてくれました。

 

 部屋の空気は今まで感じたこともない位、優しくやわらか、そして清らかでした。

前日に 下見した段階で 私なりのアチューンメントをしてみましたが もっともっと高まっている感じです。「うわーーーーっ」と立ち尽くしてしまいました。

 

 

 目の前に会いたかったNamieさんが!

突っ立ったまま「Namieさん はじめまして。私がメールを差し上げた・・・」とご挨拶をしました。Namieさんも 椅子から立ち上がり ニコニコと近寄ってらして「はじめまして〜」と言いかけ、そして 挨拶もそこそこに「あ〜〜〜〜〜っ 教会が見える!」と言い出しました。「マリア様やジーザスまできてます〜〜〜あら、どうしましょう」と私の背後を見ながら驚いた様子で伝えてくれました。 

「ええっ?」驚いて声もでません。

「・・・あのぉ 私のセッション明日なので 明日ゆっくり伺いますね」と動揺しながら応えました。

 

 初めてお目にかかるNamieさんは若くて綺麗でスタイルの良い素敵な方でした。そして話せば話すほど楽しくて…まるで吉本興業。(すみません)ざっくばらんでハキハキしていて明るく楽しい方。普通に話していても 笑い転げる事ばかり。こんな楽しい人が スピリチュアルカウンセラーだなんて…かなりびっくりでした。

 

 そしてその日のセッションが終わった後に最後に残ったメンバーでNamieさんを囲んで焼き肉へ。お店では お隣に座らせて頂きましたが 実は 彼女と私は何度かの過去の転生で出会っている事などを ビールを飲みながらヒソヒソ声で教えてくれました。

そのお話は 私の中では 合点が行き、納得できる事ばかり、しかもその時代に一緒に居た景色や石で出来た教会のイメージまでが垣間見えたのです。驚いてばかりの一日でした。

 

 そしていよいよ私のセッション!

翌2日目、数人のカウンセリングの後に とうとう私の番になりました。本格的にチャネリングが 始まりました。もったいつける事もなく あっさりスラスラと淀むことなくNamieさんは話されていきます。視線は私の頭上や背後 真横と動きます。

 

私の魂は 地球に古くから居て 何百回と転生をした後、今はもう生まれ変わることのないオールドソウルである事。 

肉体的にも魂的にも今生での役割が 終わりに近づいている事。

…というセリフに またまたびっくり。

 

「現状に 飽き飽きしているでしょう?魂が存在していた星に帰りたがっていますね…」と言われました。「貴女をここに降ろした創造主も来てますよ〜。 望みを叶えてあげるよ、星に帰ってきていいよ  と、言ってますよ」

 

 えええ!です。

 

いやいや そんな事は無いです〜 まだ地球に居たいし・・・と申し上げると「魂と心は違うのですよ」と教えて頂きました。そう言われても 相変わらず本人には さっぱり。でも 同時に「今、昇天しても未練はないなぁ、死ぬのは昔からあまり怖くなかったよなぁ」的な事を ぼんやりと考えていました。我ながらオイオイ・・・です。

 

 

Namieさんは「でも私はそれを止めたいです。魂の浄化のためにも もうちょっとこの世で働きませんか?その為に 私はここに来たのかも知れません」と言ってくれました。 

「え?私やっぱり死ぬの?それに地球の為に出来る事って あるのですか?」みたいな感想しかありません。スケール大き過ぎです。それに浄化の意味もわからない・・・友達が言われたみたいに「もっとお掃除したほうがいいよ〜」とか「車の運転気をつけて〜」とか「飲みすぎですよ〜」 とか…そういう事を言われると思っていたのです。

 

 

 f:id:spica0104:20160529162321j:image

とうとう 来た!貴女は琵琶湖に呼ばれてますよ!

 

頭が真っ白になりながらも 気を取り直して 2つ3つ質問をしました。①先月、滋賀で面白い人達と知り合い琵琶湖のそばのマンションに泊めてもらってから琵琶湖が気になって仕方ない件。

②次に精神的にも経済的にも超負担になっている親の遺してくれた不動産のこと。売りに行くのも大変だし第一、古すぎて売れないんじゃないか?それに中の遺品とか親の私物とか膨大な量で自分に処理できるとは思えない。どうしたら良いのか?業者に頼むお金もなーい、などです。

他にも幾つか質問しましたが 忘れてしまってますね…(笑)

 

 

Namieさん「そこに住んでください。そこですよ!そこ!」

私「どこ?え?」

Namieさん「だから〜琵琶湖だってば!」

私「はぁ?マジで言ってます?」

Namieさん「めっちゃマジですわ〜。もうそこしか無いねん!」

・・・みたいな やりとり。

 

えーとこれ 一応 スピリチュアルカウンセリング中の会話です。

 

 

「お持ちのマンションはすぐ売れます。そのお金で琵琶湖のマンション買えます。お釣り来ません、ぴったりな金額です。それで儲けは出ませんよ〜。住む階は・・・ かなり高いですね。琵琶湖の友達より高い階です。(友達は7階 。言ってないのになんで わかるの〜?)リビングから琵琶湖と比叡山見えてます。自然の豊かな静かな場所。素敵なお部屋です。壁は白、2階があります。そこでやる事いっぱいあります。書いて、書いて書いてくださいね。忙しくなりますよ〜。あ、私も遊びにいきますよー、あーらやだー、コーヒーこぼしてますわ、私ったらぁ お酒飲みすぎて酔ってるーやだー」 

 ・・・以上をいっきに 関西弁で伝えてくれました。  さらに「そこで貴女を待ってる人が山程います。琵琶湖を浄化してくださいね〜」

 「・・・はい、わかりました。有難うございます」(呆気にとられてる私) 

かくして私のセッションは無事終わったのです。

 

 f:id:spica0104:20160529162618j:image

マンション見つかる!

とにかく なんでかわからないけれど、その翌日、私は不動産屋と連絡を取り  「マンションを売りたいんですけど〜」と伝えました。遺品やゴミは不動産屋さんの紹介してくれた業者さんが格安で引き取ってくれました。破れてた壁紙もカビてた納戸もそのままで売ってくれると言います。悩んでいた全てがトントン拍子に解決して行きます。

 

それと平行して その前の月に琵琶湖の畔のゲストルームに泊めてくれたYちゃんに

その旨を全部伝え「なんか良い物件あったら教えてね。」と頼みました。Yちゃんは驚きながらも「なんやめっちゃワクワクするわ〜」と心よく承諾してくれました。

札幌のマンションは 2週間ほどで買い手が決まり、条件も提示した価格もそのまま、あれよあれよと即売却契約。わー、売れちゃったよ!いいの?いいの?こんなんでいいの?展開の速さに私が一番オタオタしていました。 

 

 

そして 琵琶湖のYちゃんからも朗報が! 彼女の友人がチャネリング通りの物件を見つけてくれたのです。真夜中に「ここちゃいますか?」とコーフン状態のメール。 

まさにそこはNamieさんの言ってた部屋の通りです。古いマンションですが白い壁の最上階のメゾネット。やたらに広い眺めの良いリビング。もちろん琵琶湖は目の前。比叡山も目の前です。 

私「えー値段どうなの?そんな広かったら高いんじゃない?」

Yちゃんは「これ値段です!見てください!笑けますよ!」 

なんと!札幌の売れたマンションとほぼ同じ・・・。結局、諸経費引いて15万位のお釣りがありましたが引っ越し費用で丁度チャラ、全部無くなりました。

 

 

 f:id:spica0104:20160529162716j:image

よーく考えてみると、その時点でマンション探しを依頼したYちゃんに会ったのは たった一回・・・それも笑えます。そして 前回 伊勢神宮の話で盛り上がり「次はクリスマス会やろうよ」と約束した12月26日はそのマンションの内覧日になったのです。  当然、クリスマス会メンバーが揃って内覧会の付き添いに来てくれました(笑)

 

なんじゃこの展開?

全員がそう思っていたようです。

 

 

 

*** まとめ***

こうして書いてみると随分と沢山の出来事が私を琵琶湖に導いてくれたんだなぁと思います。その出会いを遡りだすと一体いつから始まっていたのか?わからないけど今はその全部に感謝の気持ちでいっぱいです。人生、無駄な事は本当に一つとして無いんですね。

 

みんなには 友達になってくれて有難う!出会ってくれて有難う!そう何回でも言いたいです。

 

 

 

 

 「汝を知れ」

 

偉大な神であるシヴァ神が立ちあらわれた時、

弟子たちは皆ことごとく目が眩んでしまった。

 

が、その中でただ一人、一切の修行を積んだヴァジラパーニだけが

目を眩ませる事なく、師に向かってこう言った。

 

「ガンジスの砂の数にも負けないほど無数の星や神々をたずね回ってきましたが、どこにも、こんな輝かしい姿を見出すことが出来なかったのは なぜなのでしょう。

この人は誰なのですか?」

 

すると仏陀は言った。

「お前自身だよ」

 

これをきいてヴァジラパーニは即座に悟りに達した。

         岡倉天心の「茶の本」から

 

  

しみじみ大好きなお話。

 

 

私の琵琶湖引っ越しまでの物語を書いてみました。長い長い文章を 読んで頂いてありがとうございます。

 

 

 

私、今とても穏やか。これから先、何があってもきっとこんな心地でしょう。だって大きなものに 護られていることがわかったから…

 

それに気づかせて下さったNamieさん、心から感謝しています。有難うございます。

また会っていっぱい笑いましょう♡