読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

本物のもつチカラを伝えたい

私は日本酒が大好きです。

実はワインもウイスキーもシェリーも焼酎も大好き(笑)

お酒なら何でも良い訳ではもちろん無くて

かなり選んで飲んでおります。

 

そして日本酒の場合は純米酒にこだわっています。

 

純米酒って

お米(三等米以上、米麹は15%使用)と酵母、水だけ

で作られたお酒。

実は純米酒はオーガニックな発酵食品なんです。(発酵飲料ですね)

最近は酒米も蔵で育てる所が多くお米も無農薬が多いです。

 

 

純米酒の作られ方にも色々あって

生酛(きもと)、山廃(やまはい)など 

昔ながらの製法を取り入れてる蔵も沢山。

 

そもそも神様にお供えしていた起源を持つだけあって

とても尊いし清らかだし美味しい。

 

最近では「地酒」の定義を決めようという動きもありますが

それより先に こだわりの蔵人達は

地元の有機のお米、もしくは完全無農薬米(死ぬ気で作ってますよ農家さん)

地元の山系を流れる水、そして地元の酵母菌・・・

要するにオール地元のもので お酒を作っています。

 

 

ずっと日本酒やワインの記事を書かせてもらって来て

日本酒会も随分主催しておりますが

一番伝えたいのは 作り手の想いに加え

その土地の滋養の全てが入ってるそんな地酒のチカラ。

 

 

 

 

 

 

昨今の日本酒ブーム、女子が牽引していますね。

有り難いし嬉しい。

世界的にも類を見ないハイレベルな独特の製法の日本酒。

アメリカやパリでも大人気、しかもお高い。

日本で買えば当然、結構お安いですし

新鮮ですし 手に入りやすい。

 

そのお酒を飲んでもらって買ってもらって

時代を超えて純米酒や地酒を作る蔵が存在し続けて欲しい。

農家さんが減反とかしなくて済むように・・・

出来れば無農薬の田んぼや畑も増えて欲しい。

 

 

マニアックな日本酒好きだけが集まって

蔵人とと知り合いだ〜とか難しい酵母の名前や

製造過程のプロセスを語ってばかりいるのも

ちょっと違うなぁ・・・と思うし

おいしい〜酔っ払った〜で終わるのも なんか勿体無い。

 

 

 

 

 

 日本酒は食中酒ですもの、食べながら楽しみたいし

食べること、飲むこと・・・それに関わる

全ての人へのリスペクトもあって欲しい。

・・・でも堅苦しくなくワイワイ楽しみたい。

 

 

・・・なんて グルグル考えていた所に

フードコーディネータの友人と話す機会があり

自分らが 想いを同じくしてる事に気が付きました。

 

ameblo.jp

彼女はお醤油も手作り、発酵シロップもおやつも全部手作り。

看護師さんとして、現場を毎日見ていて

食に対して危機感を持っているんですね。

 

せっかく琵琶湖に呼ばれて 出会えたんやし

ちょっとづつでも 出来ることをしていこう!

 

話がまとまり彼女の素敵なサロンにて

 

五感を潤す日本酒とオーガニックフードの

マリアージュの会

 

・・・を開くことにしました。

 

もしご興味ある方いらっしゃたらぜひお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

f:id:spica0104:20160726123310j:plain

 

8/21(日曜)午後13時〜(5時間程を予定しています)

大津京駅(京都から7分です)下車 徒歩10分。

琵琶湖湖岸に建つ素敵なマンションです。

リビングからは琵琶湖が一望♡

 

日本酒についての軽いレクチャーの後で

激レア純米酒数種(一般流通していません。蔵から直接わけて頂きました)

夏の純米スパークリング、香り豊かな純米吟醸酒、そして

磨き35%以上の美しい純米大吟醸酒などをご用意しています。

 

ワイングラスやお猪口で楽しんで頂きます。

食事やお酒の温度や酒器の違いで

どんどん味わいが変わるのもお楽しみ下さいね。

 

 

またお料理はすべてオーガニック食材のみ使用。

当日のお酒の味を活かすメニューを考えております。

そのマリアージュをお楽しみ下さい。

(ハッキリ言ってメニューすごいです!)

 

レシピやお酒の説明の載った資料、可愛いおみやげなども

ご用意しております。

 

 

 

会費、地図などの詳細はお申し込みお問い合わせ頂いた方にのみ

お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする