琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

ギフトを受け取る

9月22日、秋分の日に大阪のセミナーで

不安の手放し方、みたいな話をする事になりました。

そこそこ広い会議室で 既に満席。

増席したぶんも すぐ完売し

結局もっと広めの部屋に変えて9名分の増席となりました。

 

それによって 受付や司会もあわてて探したり。

スタッフも増えたので実質4名位の増席です。

・・・でも自分らはびっくりです。

 

お家で出来てた範囲の可愛いセミナーが

いつのまにか 会場を借りている。

その宣伝も必要な物も全部手作りで 自分達すべて調達。

 

過去の仕事で培ってきたノウハウがここで生きるとは!

人生無駄無いわ。

しかも北海道と九州でも セミナーが・・・

一体どうなるの? なんかもうワクワクしっぱなし。

毎日贈り物を貰ってるみたいです。

 

 

f:id:spica0104:20160728224423j:plain

キラキラでいこう!

 

 

 

 

 

ソレに伴って面白い現象も起きています。

今回はそんな告知をタイムラインに載せたのだけど

スピリチュアルとかセミナー主催とか無条件に苦手な人っています。

私も人のセミナー主催とか 興味ないものは読まないかな。

 

それまでお酒や美味しい食べ物、旅行の話題なんかは

70〜90くらいついていた「いいね!」ですが

(ちなみに私のお友達登録者は450人程度)

今回のセミナー告知は「40いいね!」くらいかな?

特に 完売、増席のお知らせなんかは 16いいね!位です。

特に中年男性からはウケが悪くて(笑)

その理由もすごく わかるんです。

前職の絡み、日本酒会絡みの人も多いフェイスブックに こういうの

載せたら どうなるんかな?って 若干迷いがありました。

でも一回載せたらもう開き直り。

今までプライベートな友達にしか公開してなかった日本酒会も

普通に載せだして もうこれでいいや〜と思っています。

 

 

昔もそうだった。

ワイン会やワインセミナー、なんかやってると

年上のおじさまたちからは

「生意気な」と言うお言葉をかなり頂戴しておりました。

 

 

いわゆる 今まで目下の小娘と思って

「若いのに よく頑張っているね」とか

「優しくしてやろうかね、たまには かまってやろうかね」

と言った立場だったのに

 

よく見たら 自営業で自分より偉そうな事をやっている・・・

金も持ってる、人脈も多いぞ、知名度も上がってきたぞ。

となると

「なんか可愛くないわ。」と思われてしまうのが世の常。

 

どこまでいっても私は私なのにね。

ほんとおもろいです。

日本人男性に限らないのでしょうけどね。

頑固とかって面倒くさい。

なぁなぁで つるんでた私にも責任ある事、

自分のエネルギーを下げてはいけない、と思いました。

 

 

 

私は雇われて働いた事は無いけど

どんな仕事でも お給料がどうであっても

仕事って尊いと思ってて。

役割があるって 凄いことだなと思っています。

 

人の作った理念や方針に従う不自由さはあるでしょうし.

自営や起業した人とは当然覚悟も見える世界も違う。

でもその分リスクも責任も少ない。

 

それがその人の役割ならそれで良いのでは?

世の中は 必ず誰かの仕事で成り立っているし

そこには感謝すべきだって思う。

選ぶのはいつだって 自分です。

 

 

自分の周りに起る出来事って

自分を反映してるわけで とにかく必要なことが起きてる。

他の誰のせいでもなく 種を蒔いたのは自分。

そしてそれも「気づく」為のギフト。

天の采配にはまったくの無駄が無いわけです。

 

 

 

 

f:id:spica0104:20160728224609j:plain

くたびれた時は梅酒のソーダ割りが美味しい〜。自家製6年ものです。

写真暗いわ・・・

 

 

 

明日は友人が部屋に遊びに来る日。

アマローネと言う私の大好きなイタリアワインを持ってくるらしい。

何を作ろうかな?

今日は 鱧の子とくじらのお肉を買ったのでそれにするか

或いは京都まで行ってトリッパを仕込んでくるか・・・

いずれにしても 素敵な夜になる事 間違いなし。

 

 

広告を非表示にする