琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

ジャッジをしない

f:id:spica0104:20160811090511j:image

昨日は仕事で嵐山、

そして東山地区へと移動がありました。

気温は 36度。

 

連日37度でしたので 36度が

なんか楽に感じる…1度なのに(笑)

心地良くさへある。

 

f:id:spica0104:20160811090620j:image

川の涼しい風が 有難くて

日焼けも気にせず 取材しました。

 

 

 

暑い〜っ 暑い〜っ

なんで こんな日がロケなの?と

ぶつくさ言う人

 

無言で仕事をする人

 

楽しそうに 仕事をする人

 

スタッフも色々です。

私は とても心地よく仕事を

させてもらえた事に

ひたすら感謝。

 

 

 

 

f:id:spica0104:20160811090729j:image 

 

f:id:spica0104:20160811090758j:image

嵐山地区は京都の外れ。

緑が多く桂川が綺麗です。

 

空には 大きな鳥の翼の様な不思議な雲。

午前中なのに 物凄い観光客がいます。

でも 私には「とても静かな場所…」

そんな印象でした。 

 

 

 

 

2時間程でそこの現場は終わり

次は 三条通りへ。

12:30頃平安神宮につきました。

 

スタッフがランチに出かけている間

私は平安神宮の中を散策。

 

 

 f:id:spica0104:20160811090902j:image

暑さで 人も殆どいない境内には

コントラストの強い風景が広がっていました。

 

 

f:id:spica0104:20160811090921j:image

 

f:id:spica0104:20160811090929j:image

 

全て上に「真」とつけたくなる色。

真っ青な空、真朱の本殿、

真っ白な砂、力強い真緑の松

その全てが真っ黒な影を従えています。

 

 

 

…さらに高みへ。

そんな声が内側から

どーんと きました。

 

上が偉いとか 凄いと言う事では無く

自分の向かう先は

もっと上、ただそれだけの事です。

 

 

 

🌟

 

 

 

過去、自分の進む方向の「全瞬間」を

私達は選んできました。

 

その結果の「今」があります。

 

選ぶのは いつも自分。

誰のせいでもない。

振り回されているようで

実は 選んでいるのです。

 

 

 

次々と 選んだ結果がやってくる。

そこに反省したり悔やんだりする暇は

無いのです。

 

丁寧に そして 淡々と見ていればよい。

 

 

今 ここに在る自分。

ジャッジはいらない。

良いも悪いも ないのです。

 

 

自分には 今、やる事がある。

伝えたい事が 次々と湧いてくる。

それはなんて有難くて

なんて幸せな事だろう。

 

 

目に見えるモノは

全てサイン。

 

たかだ数十年の体験からの判断基準で

そのミラクルをジャッジしては

もったいない。

 

そんな事を思います。

 

 

f:id:spica0104:20160811091608j:image

夕方の琵琶湖。

素晴らしい茜色。

 

生まれ変わったんだな。

そして

これから

何度でも生まれ変わる

新しくはじまる

 

そんな事を感じた1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする