読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

心地よさ、楽しさ それが基準

なんだか 目の回るような毎日。

仕事と プライベートの移動が多くて

バタバタです。

 

忙しくなると

自分の時間って なかなか取れないけれど

それでも 毎日、自分が大切にしてる事は

外したくないな、と思っています。

 

私にとっては 掃除(笑)

 

 

 

 

誰かと比較する必要もなく

誰に言われるでもなく

好きで していることで

心地よい。

それ大事。

 

仕事も遊びも基準は そこだと思います。

 

 

 

f:id:spica0104:20160811203250p:image

今日 ピカチュウが出ましたよ♡

 

 

ポケモンGOが 流行ってますが

世間では評価、色々ですね。

 

私は ポケモンが昔から好きで

1番最初の ゲームから やってたんです(笑)

赤、緑の時代。20年前ですよ…

 

なので 今回も「どハマり」してます。

もちろん 人の迷惑に ならないように

楽しんでます。

よく歩くように なりました。

 

 

あーだこーだ 言ってる人がいても

何も気になりません。

あー、なんか言ってるわ…です。

 

 

ソーシャルネットワークが普及したお陰で

なんの根拠もなかったり

真偽の程もわからないレベルの発言でも

言葉が面白ければ取り上げられたり 

拡散されたり …

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spica0104:20160812114727j:image

↑こんな事は それこそ多いわけでね(笑)

 

 

 

テレビとか マスコミも

話題になりそうな事だけを

取り上げる傾向にあるので

かなりの情報操作が ありますが

ソーシャルネットワークというものは

もっと曖昧な場所。

 

鵜呑みにしてると

世の中は そんな風に流れてるの?

なんて錯覚に陥りやすい。

 人の意見に 流されやすい人は

それを 間に受けてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

どんな時も

自分のやりたいこと 楽しいと感じること

自分にとっての 心地よさを

基準にしてると ブレません。

 

あっちとこっち どーするー?

損得勘定で どっちもうかる?

比較は日常茶飯だけど

比べて選ぶのは 相対的比較。

 

 

自分の 好みで選ぶのは

絶対的。比較なし(笑)

 

比較ばっかしてると

二者択一とかの罠にも落ちやすい…

 

どっちも好みでない、

あるいは どっちも好みなのに

どちらかしか 選べない

 

両方とも 取ればいいじゃん

両方とも 止めたらいいじゃん

 

そんな風に発想出来なくなる。

 

それ 怖いことです。

 

 

 

 

自分に関係のない 誰だかわからない人の

取るに足らぬ意見って

聞く必要あります?

 

それが 社会や 人に迷惑を

かけない範囲の行為であれば

私は 自分の好きなことをしたい。

 

 

ポケモンGOが 最初 社会現象とか言われて

迷惑行為が 沢山報道されました。

でも 私は迷惑行為はしていない。

私の友達も 迷惑行為とか してない。

それだけの事です。

 

少し前には LINEも そうでしたよね?

犯罪の原因となってる諸悪の根源…

位の報道されてました。

子供の犯罪や被害には

たいていLINEを絡めて報道されてました。

 

情報をみんな 抜かれるとか

ありましたね(笑)

 

例えば スキー場での ボードもそうでした。

フェイスブックツイッターの普及で

レストランでの写メ行為…

 みんな 眉をしかめて いました。

 

今では 棲み分けが 出来るようになっています。

 

 

 

自然破壊までしてゴルフコース作って

穴にボール入れる為に

ボール追っかけてるだけのゴルフ。

 

ある範囲を決めて許可を取ってやる

アフリカのスポーツハンティング。

…許可さへ取れば ある範囲内で

ライオン殺していいの?象を撃っていいの?

 

その後始末、どうしてるの?

売るの?食べるの?捨てるの?

それこそ 酷い!

 

それ 人間同士もしてるしね

中東あたりでは 頻繁にしてますね…

正義のための大量殺人…

報復、復讐のための大量殺人…

 

 

考えたら なにそれ?って

理解できない事で

世の中で 市民権を取ってる事

沢山あります…

 

流行や 世論って変化する。

昔は キスシーンでさへ テレビで見れなかった。戦争には 反対意見すら言えなかった。

 

時代も風潮もかわります。

大切なのは 自分がどう思うか、どう感じるか。

 

何を選んで 何を選ばないか。

 

 

 

f:id:spica0104:20160811203424j:image

京都水族館のカメレオン君。

どの色に染まろうか 悩んでるのかな?

 

 

選ぶ基準を ハート、心に置かない場合

外に基準を置くことになります。

 

お金が儲かるか?

儲からないか?

それで有名になれるか?

なれないか?

みんながやってるからやるのか?

それが普通だと思うからやるのか?

 

これをやったら 何て思われるか?

嫌われたらどうしよう?

 

 

 

 

 

もちろん、腐るほどのお金が欲しい!

それで あれとこれを買いたい、と

心底思ってるなら いいんです。

 

そこまで欲しいものがある人は

さぁ、どうやるか?

その方法で 悩まない。

いちいち 迷わない。

 

 

 

でも 問題は 中途半端な立場の人。

お金も物も欲しいけど

なんか、開き直れない、うまくいかない。

 

それは

欲しいものも やりたい事も

悩みも全て 他人目線だから。

 

人の夢をきいて

あ、それ私も  なってみたい

 

人の買い物みて

あ、それ私も欲しい

 

人の悩みきいて

あ、それ私も同じ

 

 

 

貴方の本当に欲しいものは なんですか?

 

 

 

自分の基準、自分の目線、自分なりの意見

それを、意識してみる。

考えてみる。

 

 

実はかなりシンプルな

答えが出てくる。

 

それを私は

自分から自由に なると

呼んでいます。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする