琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

光としての自分

お盆ですね。

皆様 夏休みに入られたのでしょうか?

ゆっくりお休み出来ると良いですね。

 

私は毎日エアコンの効いた部屋で

レジュメ書きと 資料作りに追われています。

さらには先日の取材の編集後記的なものを書いたり

結局 毎日数時間はパソコンに向かいヒーヒーしています。

でもなんだか毎日楽しい。



ふと振り向くと琵琶湖が見え

猫が足元で眠っていたり 友達から夕方の飲み会のお誘いがあり

いそいそと着替えて京都の街へお出かけしたり・・・

幸せな毎日を過ごしています。

 

そういえばお盆で

様々な意識が上空にいらしているのでしょうか?

いろんな存在の気配を感じます。

 

細かい事まではわからないのですが
ここ数日、眠りの中で見る夢がすごく可笑しいんです。

平安時代に自分がいたり

かと思えば

フランスの漁港?っぽい所で雪山を見ていたり

スペインと思しき場所を旅していたり。

 

船に乗り遅れて目が覚めたり

その時の夫?みたいな人に車で

迎えに来てもらったり

お城で絵を書いていたり

ものすごく色が綺麗で美しい夢です。

大抵は自分が光になってふわっと消える

そんなハチャメチャな展開で目が覚めます・・・

 

あれ?今の夢?ってくらいリアルで楽しい。

 

 

毎晩眠るのが楽しみです(笑)

今夜は誰と一緒に何処に行っているのだろう。

 

f:id:spica0104:20160813234827j:plain

夢で見たせいかもしれないけれど

この世の人は皆、光なのだと思う様になりました。

光には上下も優劣もなく

輝きは 多少損なわれてもすぐ補充される。

 

人だけではなく生物はみんながそうなんだろうな。

 

 

 

以前、

私は無防備過ぎて 波動の低い人から

エネルギーを吸われているんだよ.

と言われた事が有ります。

 

へ〜そうなのかなぁ

本人わかってない(汗

 

 

エネルギーは無限に循環しているのだから

静かに待っていれば

直ぐに回ってくるのだろうなと思っています。

 

抱え込む、上げる事だけに執心する、それは多分エゴです。

そして宇宙の法則には則さない様に思います。

 

エネルギーは

高いところから低い所に流れていくし

内圧と外圧の差もあるし

光の強さも色々あるでしょう。

でも みんな大元では つながっている。

だから

循環させればさせるほど 

溢れるように降り注ぐ。

 

あとは綺麗にパワフルに

輝きを循環させるだけ。

 

私には今 そんな風にエネルギーが

見えています。

 

琵琶湖のおかげなのかなぁ。

何か大きなものが

支えてくれたり与えてくれたりしてる

そんな気がします。

 

 

f:id:spica0104:20160813234848j:plain

きっと宇宙は 

いつでもどこでも惜しみなく全てを与えてくれる。

必要なもの、それ以上を用意していてくれる。

 この世には 1つとして

要らないものは存在していない。

棲み分けができていなかったり

気づきに 差はありますが

いずれは みな気づき、行くべき所へ行きます。

闇でさへも 必要なもの。

 

それを3次元的な目先の解釈で

可能性範囲を狭めて

受信拒否、受取拒否、取りこぼし

・・・しているのは誰でもない自分。

ケチもせこいのも このさい やめましょう。

 

 

こうでなくては・・・とか

この人は凄くてこの人はイマイチとか

そんな事もありません。

 

そう思うのは自分が まだ

優劣や立場、損得にこだわっているから。

 

 

 

 

どんな学問を学ぼうが何を経験しようが

基本はただ在ること

これに尽きるのだなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする