琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

多賀大社へ

朝から なんだか そわそわ。

まとめサイトの原稿を出してから

お多賀さんにお詣りに出かけてきました。

 

お天気も良く 気持ちの良い風も吹いて

おまけに でがけに小雨…

 

なんだか不思議なお天気の中を

車を走らせました。

 

f:id:spica0104:20160824172101j:image

 

f:id:spica0104:20160824191048j:image

www.tagataisya.or.jp

 

f:id:spica0104:20160824191206j:image

実は我が家からは とても近いのです。

越してきてすぐ春にお詣りし、今回で2度目。

 

よくお参り前に雨に振られると良いとか

境内で祝詞や太鼓が聞こえると良いとか言われます。

 

今回 出発の時と 神社の直前で

ザーッと狐の嫁入りの様な雨が降りました。

関係あるか無いかは定かではないですが

暑い日でしたので 気持ちは良かった。。。

 

 

 

f:id:spica0104:20160824191030j:image

 

 

f:id:spica0104:20160824191259j:image

 

そこからの帰り道、近江八幡市を通ります。

そこにも大きな八幡様があるので ちょっとお詣り。

お隣の「たねや」さんでイチゴのかき氷を頂き

帰路につきました。

 

 

 

f:id:spica0104:20160824191315j:image

 滋賀は神武天皇に由来があったり聖徳太子に由来がある

神社仏閣が多く、その数は京都を超えます。

昔から政権をめぐって争いごとの多い土地でも有り

それは沢山の命が失われた場所を意味します。

 

多くの血が流れた土地は汚れるのでしょうか?

今や日本の中で、そうでない場所を探すのは

難しい事かもしれません。

それもまた日本という国が 現在こうであるための

成長過程でもあった、と言うことなんですね。

 

 

 

 

 

伝統的な神事も盛んなため、観光で訪れる人も多いですね。

今日も沢山の方がいらしていました。

古くからの習わしを大切に守り伝えるのは大切な事です。

 

 

氏神様がしっかりと土地に根ざし

そこに住む人がそれを心の拠り所にしている。

 

氏神様を大切にする・・・

それは土地のエネルギーを信じている事。

そして大切に次に伝えること。

それがその土地の 繁栄につながる。

観光収入や入ったり 交通網が整ったり…

 

受け取るって そういう形もありますよね。・

 

そんな事を考えた日でした。

 

 

広告を非表示にする