読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

自分の「好き」素直に見つめると

こんにちは。今日も暑い関西です。

台風10号がブーメランみたいに進路を変えたようですが

そのせいなのでしょうか?

案外根性のある台風・・・

 

 

今日は平等院へ行きました。

正直、近いかと言われたら・・・そうでもないです。

 

しかし車で40分〜50分位なのでちょっとドライブするのに良い距離。

 

宇治には京都でも3本の指に入るパン屋さんと

美味しいお抹茶のソフトクリーム屋さんがあるので

それもついでに寄って・・・と思うと俄然行く気になる自分。

 

 

f:id:spica0104:20160825202834j:image

それに平等院ってすごく好きで、何度行っても飽きない。

その理由の1つにあまりにも敷地内が綺麗だから、と言うのがあります。

お掃除が行き届いていて ゴミは愚か蜘蛛の巣すら無いかも・・・。さすが世界遺産です。

 

お寺や神社で 賑わっている所、人気のあるところは

大抵綺麗ですね。

イマイチのところは、建造物もお庭の植栽のお手入れもイマイチ。

 

丁度中央の鳳凰殿の中を修復しているので

その作業の様子も興味深いし 鳳翔殿という無料の建物には

美しい菩薩様が沢山展示していてそこが大好きです。

 

今日はその鳳翔殿に一番客で入場できました。

鐘を見て宝物を見て、彩色の美しい扉を見て

そして 昔の鳳凰が飾られている部屋に進みます。

撮影禁止なので只管 じっと観ます。

 

昔からある鳳凰がガラスケースに展示されているのですが横顔の影を  床に落として 佇んでいました。幻想的で美しい空間でした。

 

写真に残せない分、何かとても儚い、泡沫を観ているようでひたすら

心が震えます。

 

 

 

f:id:spica0104:20160825203119j:image

 

建立されて約1000年、一度も火災に遭ってない平等院

ある意味 平安時代の雰囲気をそのまま残しているとも言えます。

平安オタクの私には そこもたまりません。

 

 

中央本殿の左の屋根瓦は出土した平安の頃の瓦で葺き替えてあって

色が違うのですが、そういうところもくすぐられます。

 

一通り 眺めて参道へソフトクリームを食べに移動しました。

 

 

f:id:spica0104:20160825203156j:image

しみじみした心地で 又、来よう・・・なんて思っています(笑)

心が打たれる、美しさに心が洗われる、揺れる?というのか

とにかく喜びでいっぱいになってしまう。

そんな場所です。

 

 

 

 

そんな時に思った事。

 

 

 

お金だったり 信用だったり 刺激だったり・・・その時々で 欲しい物ってかわりますよね、それは誰でもあること。

 

私は それが自分を満たす訳では無い事を知っています。一時 満たされた様に感じても

いつまでもそうではない。要らなくなってしまうみたいなんです。

 

私が満たされる時ってどんな時だろう。

何で満たされるのだろう。

 

こうやって強く心が喜んだ時…

 その喜びの記憶が いつまでも残ります。 

いつまでも残ってしみじみと温かい気持ちになります。優しく強い心地というのかな。。。上手く言えません。

 

私のこの 心の震えは 他のものでは 代用出来ない、とすら 思ってしまう。

 

 

ある日閃き、その閃きを信じ、想いを込めて創りあげられた芸術品。

その美しいものを後世に残そう、伝えようとした方の努力や情熱。

そこに 心が動きます。

 

お金を得たり、美味しい物を食べたり呑んだりも幸せですが

芸術品に触れた時とは種類が違う様に思うんです。

 

仏教が好きなわけでも、詳しい訳でもないし

歴史に物凄い興味が有るわけでもないのに

平等院阿弥陀如来像と雲中供養菩薩にはとても惹かれます。平等院の建物もとても好き。

 

きっと又口実をみつけて

そこに行くんだろうな。

 

 

 

私の願いは それを観ること。

他には何もありません。

素直に そこに居たいと思ってしまう。

 

これは一体なんという気持ち何でしょう?

誰か教えてほしい・・・・

 

好きすぎて・・・

そのうち平等院で御朱印帳

ハンコを押す人になってるかも(笑)

f:id:spica0104:20160825203813j:image