琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

Calling 

今日 不思議な事が起きました。

 

朝、起きて お仕事のこと 色々リアルに閃いたので

全部忘れない内にNamieさんにLINE打って

しっかりノートしました。

 

身体がふわふわだったので(手足の感覚があやうい)

やばいなと思って グラウディング。

 

自分の背面から沢山の根が伸びて 地球としっかりJOIN。

身体の上面からは光の柱が伸びて 遠くの星までつながっています。

 

 

私の故郷のプレアデスとかスピカかもしれない。

呼吸の度に そこから光をもらい

地球に根を使って通します。

そして逆も。

 

心地よくて 

そのまま寝てしまいました。

 

 

 

 

 

起きて いつもの習慣になっている

お白湯を大きめのマグカップでユックリ飲みました。

そして お部屋の掃除。雑巾がけもしました。

猫の世話してほっとして

福井にいる 仲良しのまえだまゆみちゃんとLINE。

 

最近 新しく 奈緒美さんっていう友人が出来たのですが

その人が福井の人なので紹介しようと思ったのです。

両方共 超スピリチュアルな美しい存在の人。

なので、絶対意気投合しそう〜と そんな気持ちでした。

 

 

 

 

チャットがもどかしくて 

LINE電話でおしゃべりしていました。

その時 両耳の上や 付け根がツンっと誰かに突かれる感じでした。

圧迫感もありました。少しモワンとした感じにも・・・

 

「耳 痛いんだよね〜 圧迫されるみたいっ」て話すと

 

まゆみちゃんは

「あー耳にもチャクラ有るの知ってます?

色々聞き取れるようになりますよ・・・神様の声とかね(笑)」

 

「またまたぁ〜」と笑いながらも

内心ひえ〜っ・・・と思いました。

 

以前、彼女と話していて 

いきなり鞍馬山まで 飛んでいった事があったので・・・

(龍に追い返されました・・・)あれは 何だったのだ?

 

 

 

そうこう しているうちに

今度は ハートのチャクラのあたりが

押される感じがします。座ってるのもきつい感じです。

 

胸のあたりで 何かが めくれ上がってぐわーっと開く。

開いて開いて 呼吸もうまく出来ないほどです。

身体の内側と外側がひっくり返ったみたい。

 

しかも 貧血きたー・・・

 

それを伝えると

「慣れてね」と、一言。

 

「これから ずっとそうだから。」

 

ひゃーです。

 

 

なんだ なんだ、何が起こってるの?

とにかく身体がヤバイ

 

琵琶湖の水が 入ってくるんです。

(完全に頭 いかれてますよね)

 

足から どどどどどどって昇ってきて

私の頭から ざばーっと水が噴出(爆笑)

内側を琵琶湖の水が通り抜けます。

 

 

それはまゆみちゃんにも 伝わったみたいで

「ちょっと集中して それやって!」言われました。

「真の浄化がはじまったよー」と。

 

おいおい 怪しすぎやろ。

 

「頭の噴出してる水、水蒸気に変えて

 世界中にばらまくんよー」とまゆみちゃん。

 

「えーーーなにそれ、でも 自分でもう なんもできないー」

 

 

しまいには琵琶湖に潜っていって

古い神社みたいな?いやギリシャの柱みたいな

神殿まで見えてきました。

イメージなのか 実際そこにいるのか もうわからないのです。

 

そこに ピンクのスカートはいた人がいます。

白い服に下がピンク系のロングスカート、袴かな?

髪も長いから女性みたいです。

 

 

ぶわーーーーっと涙。

 

でも、自分の頭は どこか正気です。

覚めてる自分もいます。

 

そのタイミングで NamieさんからLINE。

朝のお仕事の企画のお返事です。

 

 

「ハートチャクラが 開いてやばい」

と打ちました。

目の前には 手が山ほどある 大きな人が うねうね揺れています。

 

「あ、!こっちも たいへんなん 」と

彼女からお返事がきました。

 

「ごめーん 私 まじ やばいねん、今、琵琶湖のポンプ状態。

神殿見えてるんやけど どうしたらいいの?千手観音までおるけど・・・」

 

 

打った所で 指が動かなくなりました。

Iphoneもってるのが やっと。

 

 

Namieさんからは

「私 繋がっているから 還ってこれるよ、だいじょうぶ」と返事きました。

 

それで安心して その神殿に入っていきました・・・

身体中が目になって 見てるだけです。

 

 

 

色の洪水。まばゆくて ピンクが凄かった。

さっきのスカートの女子が 身体を駆け抜けていきました。

 

千手観音様の 御手をお借りする。

書く時、写真撮る時、何かを作る時、それをお借りする。

 

声だけです。もう何も見えません。

 

まゆみちゃんも 「借りる手を間違えないように・・・」って

どこかで言っています。

 

そして金色の光に包まれました。

 

 

目が覚めたらそれから1時間経っていました。

眠っていたのです。

身体を起こそうとすると又琵琶湖の中へ・・・

トホホ。

 

また神殿にいきました。

でも、もう何も見えない。誰もいない。

ただ水が残っていて それ空に飛ばしておしまい。

 

そしてまた目が覚めました。

もう大丈夫みたい・・・

 

頭頂部は痺れっぱなし。掌も膝もジンジンしています。

喉が乾いて お水を飲んだら

ちょっと正気にもどりました。

 

 

Calling 神様に呼ばれる・・・

 

そうだったのか 違うのかはわからない。

 

 

眠たくてしかたないけど 忘れないうちに書いておこう・・・

 

さらにオラクルカード手に持ったら

「もう必要ないよ」と・・・誰かの声。

「でも 引いていいですか?」と

いいながら かーどを切りました。

 

出たかーどは ババジ。

ヨガの神様みたいな人です。

深い呼吸、ストレッチをしなさい、ヨガを習いなさい。

 

わかりましたー

 

とにかく寝よう。

 

外は さっきまで曇っていたのに

カンカン照り。。。

 

 

白日夢をみたのかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする