読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

感謝の気持ちを伝えようと思います

気づき

飯田から戻って すぐに

オラクルのセッションが連日あったり

友達が来たり

出版の必要書類まとめたり

次のセミナーの打ち合わせで

落ち着く時間が とれず

ううう・・・でしたが。

 

f:id:spica0104:20161028100009j:plain

 

今朝はしっかり瞑想も出来たし

猫と遊んだり

自分の為にカード引いたり

琵琶湖眺めて ゆっくりできました。

 

 

 

また 1つ

「大きな事柄を手放す」と

今閃いてしまい決めました。

ただ心に少し衝撃もあったので

そこは琵琶湖に そっとflowしたところです。

自然のチカラは偉大。

いつだって 受け止めてくれるし

懐が深い。

 

人って ほんとちっさいな。

 

 

 

 

 

そして 久々に

書きたい!書きたい!

想いが止まらない。

 

 

 

 

「Calling 琵琶湖に呼ばれて」が

20冊位 売れてくれたら もう十分。

仮に一冊も売れなくても ぜんぜんOKだったのに

AmazonKindleと楽天ブックス、そして紀伊国屋オンラインの

おかげだと思うのだけれど

 

なんだか500だか600のDLになってて

びっくり。

f:id:spica0104:20160910220934j:plain

みんなに可愛がられてよかったね。

 

 

 

自分の中では 売れっ子作家やねんな(笑)

しかも 電子書籍のタチヨミ数は

毎月増えてて それだけでも 感謝です。

 

 

そもそも10万部とか50万部とか

そんな数字狙ってないし(笑)

 

出せただけで 満足でした。

 

なので次は 

人生に感謝を込めて

私の魂さんに 向けたメッセージを

この肉体から 書くつもりです。

 

子供が親に結婚式のお礼するみたいな

そんな感じやね。

 

 

 

そしてその次は

「私の大好きな女子達」の事を。

起業女子 なんて言葉がない頃から

既に好きな事やって 起業してた

そんなおもろい人達 いっぱい周りにて

動画も 笑いながら撮りました。

一応・・・取材・・・に基づくという

私には初の試み。

(その前にiMovie の使い方マスターしないとw)

 

1から十まで 自分でやるから面白い事

人に任せて作り上げるもの

色々面白さはあります。

 

でも 1人でやってると 思ってたことも

実は 全部

やらせてもらってた・・・

そうだったんや・・・

 

って 気が付きました。

 

だから 頭であれこれ自分をコントロールするのも

もうやめた。

流れを見てる、流れてる、そんな感覚です。

 

 

 

 

 

 

そしてBCCKS電子書籍の出版社)にも

「ある提案」をしています。

それは かなり大きな仕事になりそうです。

 

 

それが 上手く運べば

ブックスも 凄いことに為るでしょうね。

楽しみやわ。 

 

 

 

循環を意識する。

 

 

常にそこを忘れずに

暮らしを丁寧に

心を添えて✨

 

f:id:spica0104:20161028095832j:plain

今朝のカード。

もう解説書も上の英語のメッセージも要らない。

答えが直接 響く♪

祝福の鐘の音のように♡

ミカエル ありがとう。