琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

琵琶湖

f:id:spica0104:20161128182149j:image

 

丸一日 カフェインを抜いてみました。

お酒も 頑張れるかなぁ…

・・・無理かも(笑)

 

 

 

 

琵琶湖に夜が広がるのを

見ているのが好きです。

湖の神様が 私を見つけてくれているのか。。。

呼ばれてきましたよ

呼んで下さいましたよね?

と いつも確かめたくなってしまいます。

 

越してきた頃は

毎朝 湖の中に不思議な虹が浮かんでいました。

あれを

もう魅せてはくれないのですか?

 

そう問いかけたくなります。

 

 

 

 

闇に包まれて行く湖は真っ暗で

山の鳴る音や

湖面を渡る風の音も

暗闇の中では まるで動物の唸り声のようです。

 

さぞかし昔の人達は

怖かっただろうな・・・

 

 

夜になると

三井寺から

甚五郎の木彫りの龍が飛んできて

琵琶湖で悪さをする。

 

そんな伝説が まことしやかに

広まるのも わかります。

 

 

 

 

人は どこに神を見つけ

何に神を感じるのか?

 

私もいつも探してしまう

 

 

 

自然の在り様

そのものが 神ならば

 

自然の理の中で生きる

自分自身も

神に触れて日々を

過ごしているはずなのに

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする