読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

出雲への旅 「時空を越えて」①

気づき 人生を変えた出会い

f:id:spica0104:20161205191432j:plain

ターラさん主催の出雲リトリートツアーに参加してきました。

初めて訪れる出雲大社、久しぶりにお目にかかるターラさん。

楽しくないはずがない。

申し込んでからずっとワクワクが止まりませんでした。

ターラさんとの出会いは遡ること10ヶ月前↓↓
強烈で忘れられな素敵な思い出があります。


私にチャネリングとオラクルカードの読み方を教えてくださり
ミディアムシップと言う特殊能力をお持ち故

私に亡くなった父親との対話をさせて下さいました。
 

spica0104.hatenablog.jp

 

 

 

 

12月3日、早朝。 

私は2名の友人と車で大津から出雲市駅に向かいました。

 

個人セッションなどの活動を控えておられたターラさんに

やっとやっとお目にかかれる・・・

考えるだけで涙が出そうな程でした。
ターラさんがセッションを一旦おやめになり
修行の暮らしに入られてからは
私はターラ・ロスの日々。

 

暮らしが変わり、仕事が変わり

人間関係が変わり

自分の変化に戸惑いつつ

まだまだ自分の事がわからない。

 

増える孤独感と比例して祈りたいと願う気持ちや

自己を高めたい、ありのままに生きたい

くだらない事に関わりたくない

好きな事だけしたいと言う欲求が増え

 

それでいて 、それでいいのか?

自分は一体 何処へ行くのだろう?と言う

答えの出ない日々の疑問。

 

答えは外から もたらされる物ではない 

と解っているのに 

それでもターラさんに逢いたくてしかたない。

 

私にとって 

ターラさんって 一体何なのだろうと何時も思います。

人生の師、・・・そんな月並みな言葉ではとても足りない。

導いてくれる人、・・・なのかな。

うーん、今は未だ わかりません。

 

 

f:id:spica0104:20161205201438j:plain

ターラさんが配って下さったおやつ♡

 

 

 

 

 

 

出雲に向かう道中、とても不思議な事がありました。

 

山陰道蒜山高原(標高500メートル程)に差し掛かった時の事です。

運転手はゆかちゃん、私は助手席でナビ。

後部座席には車の持ち主である ふじこさんが眠っていました。

 

今まで ものすごい晴天だったのに 

どんどん霧が立ち込めてきました。

最初は「山の上だからね〜」と笑っていたのですが

そのうち周囲の山もセンターラインも見えなくなってきたのです。

視界が遮られるにつれ不安が広がります。

 

実は ゆかちゃんは 以前 

ルームメイトのぽっちゃんとドライブ中、霧に包まれ

千と千尋の神隠し」的な謎の道に迷い込んでしまい

命からがら そこから抜け出すと言う怖い体験があるのです。

 

私も 滋賀へ引っ越す直前、濃い霧の道で

ふと一瞬 意識が飛び(眠ってしまった訳ではないのです)

気がつくとコツンと軽い衝撃があり 

ガードレールに車をこすったのかな?・・・と

思って見ると 

なんと!車の右半分は大破に近い状態になっていた経験があります。

修理に出すと 車のシャフトまで曲がっていました。

 

そんな衝撃はみじんも感じず・・・

よくお怪我が無かったですね、と驚かれた程。

未だに不思議。

 

 霧って怖い。。。

・・・お互い、そんな事を思い出し

密かにゾゾッとしていました。

 

 

到着まではあと2時間10分程。

Iphoneのグーグルマップも車のナビも

順調に地図を表示してくれています。

 

山道といっても綺麗に整備された高速道路です。

標高も特別に高い訳でもありません。

車も順調に走っています。

 

霧の中でナビを見た時は2時間8分でした。

その直後に長いトンネルを超え、ふとナビを見ると

到着時刻は1時間30分を示していました。

グーグルマップも1時間30分と出ています・・・。

 

いきなり到着時間が30分早まりました。

 

トンネル通過には2分もかからなかったと思います。

 

「30分 どこいった?」

 

怖くなった2人は

「気のせいやろ・・」

もしくは

「ナビの設定間違い」

「電波が悪かった」

人工衛星がそもそもダメ」

・・・と言う謎の結論を出しました(笑)

 

人って。。。おかしな事が起ると

そんな反応しか出来ないものなのでしょうか?

 

 

とにかく走って走って霧の山を抜けると外界は晴れ。

空はどこまでも真っ青。

 

 

 

 

大阪で10キロの渋滞に巻き込まれ 霧に震えながらも

当初の予定時間より1時間も早く現地につき

ガソリンも入れ お蕎麦屋さんで割子蕎麦を食べ

集合場所である出雲市駅のパーキングに車を停めると

ちょうど集合時間の10分前。

 

無事ターラさんご一行様に合流できました。

 

f:id:spica0104:20161205182642j:plain

久しぶりにお目にかかったターラさんは

個人セッションなどの 活動を控えられているせいか、

ピュアさに磨きがかかっている、と言えば良いのか

透明感が凄かった!

「こんにちは〜。お元気でしたか?」

そう声をかけられ 涙が出そうになりました。

 

 

 

ツアーの参加者の中には 何度かお目にかかった事のある方も多く

それぞれが挨拶を交わし、和気あいあいの楽しい雰囲気の中

用意された専用のバスに乗り込みました。

いよいよ待ちに待った出雲大社リトリートツアーのSTARTです。

 

続く。。。 

 

*リトリートツアー

豊かな自然環境や神社仏閣の側などに身をおき

心身共にリフレッシュや気付き、などを得るためのツアーの総称です。 
心静かにスピリットとの絆を再確認するツアーとも言えそうです。