読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

神話が好き 魔法使いマーリン

神話が好き

内容が益々神話から遠ざかる方向。

…でも私の頭は何故か 今はマーリンでいっぱいです。

何かの啓示かも、と思って書く事にしました。

 

 

 

 

 

子供の頃、ディズニーの絵本を 何冊か持っていました。

幼い娘の  あまりに偏った読書傾向に 親が 軌道修正を図るべく 買ってくれたのです。

・・・が  正直 殆ど興味が持てなかった。

 

 

f:id:spica0104:20160618114625j:image

唯一「王様の剣」は好きで なんども読みました。マーリンとの運命の出会いでもあります。その素敵な魔法使いっぷりに うっとりと憧れ ますます妄想の世界へと 入っていった小学校低学年時代…親の思惑って だいたいが こんなものです。

 

 

 

f:id:spica0104:20160618114601j:image

挿絵の中のマーリンは 白くて長い髭を持つおじいさん。 とんがり帽子にマント姿で杖といったスタイルでした。小さなメガネもかけていました。

 

主人公の少年に 魔法を使い 沢山の経験をさせ

王様へと導きます。

 

 f:id:spica0104:20160618114745j:image

感動のシーン。

幼いながらに 涙した事を覚えています。何故あんなにも 心が震えたのか…

ピュアだったんですね、きっと。

 

 

 

 

王様の剣」が 「アーサー王伝説」だったという事を知ったのは中学に入る頃。元々 神話好きの私の中では その時 リンゴン、リンゴンと 祝福と歓喜の鐘が鳴り響きました。目の前がぱぁっと開けた感じが しました。

 

そこからひたすら アーサー王伝説を読みふけり やがてケルトの神話にたどり着き 真夜中まで 毎日毎日読みふけったわけです。

 

ケルト神話には美しさと不思議さがあり 結構残酷。でもその相反する魅力に ギリシャやローマの神話より 惹かれたように思います。その頃 海外のSFものにも ハマっていたので 頭の中の どこにも現実が 入り込む隙の無い 怪しい14歳でした。

 

…もし あの頃 エヴァンゲリオンまどか☆マギカに出会っていたなら 間違いなく 綾波レイとか まどかに  なりきっていた事でしょう…それもどうなの?ですけど…

 

 f:id:spica0104:20160618114902j:image

 

 

 

ケルト民族については  ざっくりと 上っ面を舐めた程度なんです。なのでまともな説明は出来ないのですが …

 

ケルト神話は ギリシャ神話よりは 後の時代に出来、口承伝承で 伝えられてきました。割と中世のブリテン島スコットランドイングランド、あとはヨーロッパの北の方が舞台の話が多いです。

 

ケルトの人々は 文字を持たない民族で…と言うより 「文字を持つ選択をしなかった」風変わりな民族でした。当時、青銅器の武器を使ってたヨーロッパに 鉄器を持って北方から乗り込んできた ケルト人達は 瞬く間にヨーロッパを制圧したようです。しかも 背が高く色は白く 金髪で 瞳は緑とかブルー…美しくて 残酷なんですね。おまけに色々神ががってる…そんな設定ですもん 中学生は ハマりますわ。

 

 

物語には 独特の世界感があり 実は 現代の映画やゲームにもかなりの影響を及ぼしています。甲冑の騎士、光の剣、魔力を持った石や壺、魔法使いの指輪、眠るお姫様、そして魔法使いや魔女達 、予言の書  、妖魔、魔法の薬、ダンジョン…書いてるだけで血が騒ぎます(笑)

 

…そこらの小学生も よく使っていますよね、こういう単語 (笑)ゼルダの伝説にもパズドラにも。そういった意味では 今もずっと生き続けている神話とも言えるのかなぁ。

 

 

魔法使いや 醜い姿の小さな土の精、一つ目の巨人、美しい森の妖精やその女王は 数年前に世界中でヒットした映画「リング  指輪物語」や「ハリーポッター」などにも 登場しています。小説でも アニメでも映画でも ヒゲの長いローブ姿の魔法使いを見るにつけ 「マーリンだ!」と嬉しくなります。…そういえば 日本にもマーリン的な有名人いますよね。平安時代天文博士にして陰陽師である安倍晴明…この人もかなり大好きです。特に岡野玲子さんが描いた「陰陽師」は秀逸なコミック。原作 夢枕獏さんなのですが 夢枕獏さんの小説も 岡野玲子さんのコミックも 前巻揃えて持っています。岡野玲子さんは 他にもマーリンの話なども書かれています。余談ですが 萩尾望都さんに次いで 大好きな漫画家さんです。 

 

安倍晴明は 実在の人物ですが 魔法使いマーリンも実在説、伝説と諸説あるのです。実在の人なら 嬉しいな〜。

 

そして 驚いた事に 最近買ったマスター達が描かれている オラクルカードの中にも マーリンがいました。知らなかったので、引いた時は とても驚き 飛び上がるほど 嬉しかった。

 

晴明が 京都の街を今も守護している様に マーリンは マスターとなって この星と 本当の自分自信と繋がろうと思っている人を護ってくれているのかしら?

 

先日伺ったターラさんのお宅でも この話で盛り上がりました。マーリンは呼ぶと 出てきてくれるらしい…それを聞いた時 ほんとにテンション上がりました。姿は見えなくても 何かヒントをくれたり 励ましとか 心の耳に届けてくれるといいな〜。

 

マーリン、私の所にも来てくれるかなぁ…

 

f:id:spica0104:20160618115802j:image 

 

ディズニーのキャラクター…この頃の絵がやっぱり好きだわー♡