読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

水の記憶 水の不思議

 

f:id:spica0104:20160623133932j:image 

雨の日、リビングから京都方面を眺めると 空と琵琶湖が優しいグレイに霞んでいます。全ての境目が曖昧になり  琵琶湖が高い所まで 果てしなく広がっている様です。

 

海や山や空から注がれた沢山の水は 人や大地を潤しながら 途中で汚れたり 浄化されたりしながら 海へと旅をしています。

 

水の姿は色々ですね。

 

山の中で岩から滲み出る水もあれば 水道水として様々な所で使われたり 琵琶湖の様な湖にゆったりと溜まる水もある。

大きな氷山の氷になったり 大海原の海水だったり 空気中の水分とか 植物の中を通る水もあります。

 

そんな風に形を変えながら 水はずっと地球を循環しています。地球も人も水無しでは 生きてはいけない 。

 

 

 f:id:spica0104:20160624070850j:image

 

f:id:spica0104:20160624070853j:image

随分前に この本を読みました。

 

数値的な事は分からないけれど内容はすんなり納得。

「言葉かけ」で人や動物 お花も お料理の味だって変わります。

・・・もしかしたら理解らない所で

車や冷蔵庫や 空気だって何かが変化しているのかも。

何よりもその言葉を発する自分が一番変わるんでしょうね。

 

 

 

好きにしていいんだよ

伊豆に住んでいる 友達が「声かけトマト」を育てて売っています。

食べ比べをさせてもらった事があります。皮の硬さが全く違うのです。

一番美味しかったのは「好きにしていいよ」と言う言葉をかけたトマトでした。

「美味しくなってね」「大きくなるんだよ」と言ったトマトより

大きく甘く 皮は柔らか、そして美味しい!…面白い結果ですよね。

 

言葉には 「想い」のエネルギーがあって それでトマトの皮が柔らかく変わるのかな?と漠然と思っていたけど  本を読んで腑に落ちました。

 

 

 

 

 f:id:spica0104:20160624065640j:image

 

水は記憶媒体

 

温泉に様々な泉質があるのは 地盤の溶け出した養分に加え 地下にある鉱石の出す波動をそこを通る地下水が 記憶してくるからだそうです。

 

波動というのは 固有の性質が出す「揺れ」、その電気信号の様なものですよね。元を辿れば 物質の核の持つ電子のプラスとかマイナスのエネルギー。地球に存在する全ての物が持っています。最近の物理の分野のノーベル賞ニュートリノとかひも理論とか…みんなその辺りのお話です。

 

水は通り道で 出会った波動やエネルギーを記憶するか吸収するか…なのかなぁ。だとしたら、人の体の7割以上も水分…言葉や環境の影響を日々、ものすごく沢山受けているのでしょうね…

 

 

 

 f:id:spica0104:20160624065800j:image

昔 知り合いから とても変わったお水を分けて貰いました。冷たい水なのに スプレーボトルに入れて 吹きかけると 水のかかった所が暖かくなると言う不思議な水でした。…といっても 当時は使い道が わからなくて 普段飲むのと 冬に車に乗る前にシートにシュッとかけたり 冷たそうな椅子に吹きかけたり…(笑)

 

それは栃木の日光のそばにある湖のお水でした。そこの湖は黒曜石を多く含む土地にあり そのせいかお水が腐りにくと 地元の方にも言われているそうです。

 

その石の力に目をつけた私の友人が 筑波大の地学の教授に調査を依頼し 石の波動と水との関係を調べたのです。さらに天然石の持つ様々な波動を水に転写出来る装置を作り 波動水として売り出しました。5年近く腐らない事もあり 災害時の保存などに 私も購入。

 

ペットボトルごとお風呂に沈めると お風呂の水も とても柔らかくなるのがはっきりとわかりました。そのお水の出す波動は 測定すると 水晶ととてもよく似た波動だったそうです。

 

一番驚いたのは 札幌のお家で 寒い冬に窓辺に置いて置いた時です。洗面所の窓ガラスは寒さと温度差で霜だらけ。そのペットボトルを置いた窓辺だけはガラスが 汗をかいているのです。

 

 

そのお水を販売した方から 波動に関する話を学んだのが4年ほど前。この世の事柄は 大抵は波動で説明がつくのだなと思いました。例えば人間関係、金銭問題、それから思考は現実化する、とか 引き寄せ、地場のエネルギー、そんな事も波動が関係しています。

 

 f:id:spica0104:20160624065832j:image

 

 

 導かれる

 

よく考えると 何故そんな事を教えてくれる方に運良く巡り会えたのか?

そちらの方も不思議です。

 

以前、ネットワークビジネスに携わっていた事も、その後 お花にハマり沢山のお花のプロ達と知り合い 植物の事を学んだ時も  それから とても凄いチカラを持ったチャネラーさんと知り合えたのも…

そうやってお水や波動の事を教えて下る方がいたり かなり本格的なヨガの先生にも出会い 呼吸とグラウディングの基本的な事も教わった事も… 

 

1つ1つの出会いの時期は バラバラですが 結局 全て琵琶湖に暮らす「今ここ」に繋がっていた。

 

どのプロセス1つが欠けても この流れを 私自身が受け入れて 実行する事が出来なかったと思います。

 

 

 

前にターラさんの所に伺った時、私が「大いなる水」に導かれていますよ。

・・と教えて頂きました。

本人に自覚はないのですが とても嬉しかった。

 

 

 f:id:spica0104:20160624070440j:image

 

美しいものって みずみずしい

 

日本は小さな小さな島国ですが  水に囲まれている上に 水を沢山浄化し 再生してくれる豊かな自然のシステムと それらを味わえる四季があります。それを守る文化と礼節を持った美しい国です。

 

大きな流れを守るもの 、変えるもの・・・

それは日々の「小さな気づき」なのかもしれない。

 

淀まない、濁らない、姿を自在に変える


美しさの中に 「みずみずしい」、「清らか」と言う形容もありますね。

様々なものを受け取りますが 溜め込まず循環させて

自分も 水のように 変化し続けたい…そんな風に思う今日この頃です。

 

 

 

広告を非表示にする