読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

気づき 「母を許せた日」

 

今朝、愛読している方のblogが更新されているのを見つけ 嬉しくてページをクリックしました。綺麗なお庭の写真やご家族、飼い犬、素敵なお料理の写真が沢山載っています。読む度癒される大好きなblog、いつも更新を楽しみにまっています。

 

 

 

 

今日は…読みはじめて いきなり号泣でした。

「 母に会いたい」「母が恋しい」

そう思って涙が止まらなくなりました。

 

blogの内容が そういった事に触れていた訳ではありません。

blogには その方の叔母様の書かれた和歌の短冊の写真がありました。 

その文字は私の母の書く文字とよく似ていたのです。 

それを見た時 懐かしさと恋しさが波の様に 押し寄せてきました。

 

自分でもびっくりです。

 

 

 

 

 

以前も書きましたが  私は家族との間に厄介な問題を抱えた幼少期を過ごしました。それが 大人になってから自分を強くしてくれる事にもなったと ずっと思ってきました。

それに わざわざ思い出す事もなかった。

 

どんな家庭にだって そういう事はあるだろう、…大人になってからは 思う様になっていたのです。

 


spica0104.hatenablog.jp

 

spica0104.hatenablog.jp

 

 

 

ところが  立て続けに2人の稀有なチャネラーさんと ご縁が出来、急転直下の仕事の整理、引越し と 人生を変える出来事が起こりました。他にも沢山のアドバイスを抱きました。その中には 子供の頃の自分と対峙せねばならない、そこをクリアして いかなくてはいけない、そんな事もありました。

 

 

spica0104.hatenablog.jp

 

いつか超えなくては行けない ハードルだったのでしょうか…特に母親との子供の時の関係について チャネラーさんと話をしていると

不思議な感情が沸き上がってきました。

 

私ってこんなに泣けるの?と思う程 泣きました。幼い自分、内なる子供に浄化の時が来たのかもしれません。

 

又 チャネラーさんの口を通してですが    亡くなった家族と会話する事が出来ました。お互いに気持ちをぶつけあったり 確認をしあったり…

チャネラーさんは 父と母の言葉を伝えてくださり 

更にチャネラーさん自身に戻り  私達を諭して下さったり 仲裁して下さったり。

途中で降りて来られた観音様の声も届けて下さり、最後は一連の流れの解説…

 

かなり大変だったと思います。

本当に有難かった。長年の色々なモヤモヤが全てふっとんだ瞬間でした。

今思い出しても涙が出ます。

 

 

その全ての内容は 納得出来腑に落ちる事ばかり。

本人達しか知らない事、 幼い頃の可愛いエピソード・・・

間違いなく 父や母なんだと 確信出来ました。

 

だからこそ思いっきり感情をぶちまける事が出来たのだと思うのです。

あの頃は出来なかったんだなぁ・・・

苦しんでいる親を見て 自分は我儘を言えなかった。

ずっと胸に溜め込んで そのうち溜めてる事すら 忘れてました。

 

そのチャネリングを受けてからは 更に私の人生はどんどん好転。

人って変われるものなんだな…自分の事ながら驚く毎日です。

 

 

 

 

自分に改めて許可を出す 

さっき泣いている時に  母と一緒にいる自分のイメージが降りてきました。

綺麗な白髪頭の母は メガネをかけて本を読んでいます。

声をかけると 「あら?まあちゃん?こっちおいで」と ニコニコしています。

私は駆け寄り 母に 「大好き!会いたかった」っと言って抱きつきました。

母も 「こんなになってしまって ごめんね、ごめんね」と言いながら 私の頭を撫でてくれました。

 

今まで妄想や夢の中でも こんなシーンは考えた事ありません。

…実際、物心付いてから そんな風に甘えた事なんて1度も無かったんです。

甘えるのも甘えさせるのも 下手くそ同士だったんだな…そんな2人が親子になってしまったんだな、…そう思いました。

 

 

私は「母」を、更には 「母と私の過去」を許せたのかもしれません。

ついでに自分の事も許したんだろうな。 

甘えていい、泣いていい、怒って 吠えて、抱きついて良い。ありのままの感情を出してもいい。

昔は 母の事も父の事も 頭にきていて 嫌いだったけど 会いたい!ホントはとても会いたかった・・・大好きだった。

 

色んな許可書を 今改めて自分に渡したんですね。

浄化の涙だったのかな、なんて思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

泣き過ぎて  顔を洗い目薬を点しました 笑

 

 

その直後です。

 

iPhoneの大雨警報のお知らせが鳴りました。

えー、こんなに晴れてるのに?と思っていると 琵琶湖上空に黒雲発生しています。

 2〜3分後に雷が鳴り始め バケツをひっくり返した様な大粒の雨が降り出しました。 

気持ち良い位凄い雨粒と雨音です。

 

 

 

 

何故、浄化は必要なんだろうか?

 

重たい気持ちを流してくれる雨。

琵琶湖と空の境目が無い風景。

自分も今はその一部・・・と言う 不思議。

 

窓辺で ずっと雨がいくのを見ていました。

又1つ軽くなれたみたい。

 

 

f:id:spica0104:20160629144332j:plain

 新しく家族になったパワーストーンも力を貸してくれたのかな・・・

それにしても どうして次から次へと 色んな感情が湧き上がり

涙と共に流れ、また何かに気付き・・・を繰り返すのでしょう?

 

私の中には そんなに沢山の浄化されねばならない「何か」が溜まっているの?

 

ある時は涙を流し すっきりとし

ある時は熱を出し ある時は胃痛と言う形・・・

 

浄化しても その純度を保てないから起るのでしょうか?

今は まだよくわからない・・・

 

 

 

さっき母と抱き合ったイメージは 胸にあたたかく残っています。

 今夜はよく眠れそうです・・・。