琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

より本質を

f:id:spica0104:20170107184518j:image

ご近所の

神田神社です。

 

素敵なお社でした。

 

日輪が 幾重にも 広がって

キラキラと光が降り注ぎ

心地よくお詣りできました。

 f:id:spica0104:20170107184700j:image

 

 f:id:spica0104:20170107184711j:image

椅子に 殺菌消臭のスプレーをかけ

お日様に当ててます(笑)

 

 

影まで 何処と無く

アート?

 

 …猫たちも

虫干し。

 

琵琶湖も 青々として

いつも見惚れます。

 

 

日当たりが良い時は

窓辺は26度くらい。

エアコンやファンヒーターを付けるのは

朝と晩くらいです。

f:id:spica0104:20170107185053j:image

景色や部屋を眺めつつ

昼酒最高!

軽めのワインで プリッツをパリパリ。

 

 

 

 

 

 f:id:spica0104:20170107185142j:image

日本一の山は富士山。

日本一の湖は琵琶湖。

 

人が この世に誕生する

ずっと前から そこに在って

ヒトの愚行も 尊さも

眺めて来たのでしょう。

 

自然の懐の深さ

変わらないものの凄さを

学べと

 

以前、松山の尊敬する先生に

言われました。

 

私達は

自然の存在なしには

1秒だって生きてはいけない

儚い肉体時間しか

もってはいないのに

何故、台地を こんなに汚すのか

 

その傲慢さを

私一人が憂いても 仕方ない…

のですが…

 

そんな事も たくさん意識して

今年は 日々をより丁寧に

暮らして生きたいと思っています。

 

 

 

 

 

高みに昇ることが どういう事か

未だに わからない。

 

わからないので

望み様もないのだれど・・・

 

方法や手段に走る

自分を

自分から 切り離して 捨ててしまいたい。

そう思う時があります。

仙人のようには 生きてはいけないけれど。

そうなれたら どんなに良いだろう。

 

 

 

過去があって

今があり

その全てに間違いは無い。

 

そういう事実があったと言うだけ。

 

 

出来事に

善悪や

なにかしら 意味付けをするのが

ヒトの習慣ではありますが

 

 

ほんとうは

「そういう事があった」

という、それだけの事です。

どの側面から眺めるかで

違って見えるだけ。

 

 

 

写真は載せませんが

今朝のターラさんのInstagram

凄かった。

 

私へのメッセージと

勝手に思い

しっかりと受け止めました。

感謝しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする