読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

四葉のクローバー

四葉のクローバーを人に伝える方法は色々。

 

 

摘み取って持ってきてしまう人

写メで見せてくれる人

あるいは 話しだけ。

 

私は 咲いてる場所まで

好きな人を連れてゆきたい、と思っていた。

・・・体験型が好きなのかなぁ。

 

それが良いか悪いかは わからないけれど

まぁ そこそこ面倒くさい事ではある。

 

だから 最近はやめている。

手を引っ張るのも 誘うのも。

背中を押すのも もう面倒くさい。

昔はよく 頑張ってたなぁ。。。

疲れるはずです。

 

 

1人で行く事が多い。

後ろを見ると ついてくる人も多い。

みんな それぞれが頑張っている。

たまに声をかけて またひとりでモクモクと歩く。

 

 

今は

四つ葉のクローバーを探しに

1人で出かけた先で

やっぱり1人で来てる人と出逢い

すごく仲良くなる事が多い。

 

話が早くて もっと物を知っていて

勇気もあって 明るくて楽しい

そして 1人で探しにきたのも

同じ理由だ。

 

 

 

 

ラッキーを見たい人は 自然と見つける。

ラッキーを求めているから。

 

何を求めているかも分らないのに

ラッキーが ふってくるはずもない。

 

 

普通のクローバーを四つ葉に成ると思い込んでる人もいるし

一生 そんなものないと思ってる人もいて

求めないと 無理なんだなぁと思う、

 

 

私は道を求める人でありたい。