琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

最後を考えないわけじゃないけど・・・


岩手日報「最後だとわかっていたなら」篇

 

6年前の今頃

テレビに釘付けだった人は多い筈。

 

あの時何を感じていたか・・・

それを今はどう受け止めているか?

 

自分のことなのに

覚えていないわけじゃないのに

 

 

 

だからこそ「今を生きる」と強く思う。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする