琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

全て 無駄なく楽しめる

東京の大切なお友達が 関西に

仕事を兼ねて来る!

 そんな 予定を聞き、前から その日をめちゃくちゃ 楽しみに 待っていました。

 

夜は美味しいお酒を出してくれる 烏丸の 割烹、翌日のランチのお店は 宿泊先の近く、大津市内の 和ダイニングを予約。どちらも美味しい事で有名、人気の素敵なお店です。

 

烏丸のお店の様子は この1つ前のブログにアップしています。そこでも 素敵なハプニングが 幾つもあって 楽しい時間になりました。

 

f:id:spica0104:20170508222157j:image

お酒はこれ以外にも

もっと飲んでるんです…

 

f:id:spica0104:20170508222123j:image

前日の夜のコース、しつこく貼ります(笑)

 

 

 

 

実は お店の予約に関して 小さなトラブルがありました。彼女と会う前日に なって、ランチを予約した 大津市内のお店から突然 電話が来たのです。

 

なんと!

予約日をお店の方で間違えていたらしく、行く予定だった日は 他の予約で席は いっぱい …そんな お詫びの電話だったのです。

 

ちょっとだけ  がっかり …でも、とにかく どうしようもないので 「又 宜しくお願い致します」と電話を切りました。

 

それに だいたい こういう突然の変更って なんか 面白い事に なるんです。神様、宇宙の采配なんですよね。

 

 

ランチのお店 探さなくちゃ…という事になり

草津に住む グルメな友達に どこか良いお店を 教えて貰おうと、メッセージを送りました。

そして 地元の人しか 知らないような 可愛いお店を教えて貰う事が出来ました、 

 

私は その人の お店選びのセンスの良さ や  食へのこだわりを 知っています。 なので 何も考えず 言われた通りに予約を入れ 一件落着。

 … おまけに  そのやりとりは とてもスムーズで レスポンスが早かった… 正解に繋がってると確信させるタイミングの良さでも ありました。

 

お店は水郷の町、近江八幡にあり 宿泊先の大津から 車で40分位。琵琶湖を眺めながらのドライブも良さげです。

 

結局 お店のキャンセルから30分後には 新しいお店と 翌日のドライブコースも決まり 私の中では  新たなワクワクが 始りました。

 

 

 

その旨を 東京から来る彼女に 伝えたところ…

興味深いシンクロがありました。

 

友達曰く

帰りの新幹線は 京都駅から 乗車するのではなく 滋賀の米原からである事。

 

そこまで行く 繋ぎの電車の切符を 実は 既に 近江八幡から 買っていた事。

 

もちろん、こんな流れに なる事は お互い予想もしていません…彼女も 何故 近江八幡からの切符を買ってたのか…? そこには 彼女なりの理由がありました。でも、それは その段階で  私には 聞かされてはいません。

 

結果として

近江八幡のランチで良かったんだ!…と言うことです。なんなの?この展開。

 

一回、楽しみにしてたお店のキャンセル騒ぎあり〜の、少しガッカリしぃの  最後に 素敵なシンクロに繋がり 

 

私らって凄い?と きゃーきゃー喜ぶ。

 

そんな流れ。宇宙は 私達を喜ばす 演出が 得意なんですね。最高です♡ただの美味しいお店でのランチ が よりドラマチックに なってくれました。

 

 

 

 

 

 

 グルメ友に 教えてもらった 近江八幡のお店は 至って普通の 住宅街にある カラオケ屋さんの隣に続く 謎の佇まいでした。

でも そこだけ ちょっと光ってる。

そして 玄関を開けると 大きな囲炉裏、ひんやり落ち着いた空気のある 素敵なお店でした。

 

私は土鍋カレーを、彼女はハンバーグをオーダーしました。

 

普通ならせっかく東京から 京都、 滋賀に来て   そんな どこにでもある メニューなの?と、 思うところです。

 

ところが 予想以上に 美味しくて…やはり グルメな地元の人の情報って 有難いなあと 感激。

 

お店は 少しわかりにくい 中々 探せない 場所にあったし  それに もし食べログなどを見たとしても  …自分は 選ばなかった、と思うのです。

 

丁度 他のお客様は みんな帰られて結局  2人っきりに なりました。とても 落ち着いたランチの時間を持つ事が出来ました。

 

それも 粋な計らい なのでしょう。

普段は混んでいる時間なのに 自分らしかいない、ほんと有難いです。

 

 f:id:spica0104:20170508223101j:image

 

 f:id:spica0104:20170508223110j:image

かなり 美味しいランチでした。コスパも良すぎ…近所だったら 週に何度も来てしまいそう…

 

 

 

 

 f:id:spica0104:20170508225324j:image

 

f:id:spica0104:20170508225333j:image

その後は 近江八幡の神社にお参りし

お隣の たねやさんで お餅を食べて

そよそよとした 風に 木の葉や枝がゆれるのを まったり眺め  至福の時を過ごしました。

 

自分らの発する言葉は もちろん    近くのテーブルの方とか 通り過ぎる方達の ちらっと聞こえる会話の中にでさへ  一切のマイナス単語が出てこない。

 

笑い声か 嬉しい!とか美味しい!楽しい!だけ。耳に嫌な音が 届かないって 幸せです。

 

 

f:id:spica0104:20170508225215j:image

 

 近江八幡に向かう 途中、琵琶湖博物館に寄りました。本当はそこのカフェに行きたかったのです。

 

ところが連休明けの月曜で博物館は お休み。…曜日感覚とか 今日が 連休明けとか まったく わかってない お気楽な私達(笑)

 

f:id:spica0104:20170508235609j:image

琵琶湖博物館の近くに素敵な場所があります。

去年「琵琶湖に呼ばれて」を出すにあたって 表紙を撮影した(それもiPhoneで)お気に入りの場所でもあります。

 

そこに 彼女を案内しました。 夏には睡蓮が広がって綺麗なんです。

 

 

↑彼女が撮ってくれた

めっちゃ幸せそうな自分の横顔…(笑)

 

 

 

今 そんな時間を1人思い出して

又幸せに浸っています。

何故 こんなに 何もかも スムーズで
楽しいんだろう。

 

東京から来た彼女の 人柄の良さが 凄く大きい。そして 京都で訪れたお店の ご主人や 途中から食事に参加した友達の 温かさ、優しさ、お食事やお酒の美味しさ、恵まれた天候や 琵琶湖の水面のキラキラや そよ風の気持ち良さ…関西で2人が再会出来た事、琵琶湖が 彼女の疲れを癒してくれた事…

 

全てに感謝です。

 

 

彼女を おもてなしする つもりが

私が一番 おもてなしされた様な

感謝の2日間。

 

 

私の住む世界は 優しくて美しいなぁ…

 

この現実の全てを 作り上げ

引き寄せているのは

実は 自分の意識なんですよね。

 

あー、自分  ほんと変化したなあと

嬉しくもあります。

 

 

 

 

今の自分の感覚や感情に向き合い

それを尊重する こと。

それに従って行動できる事って大切。

 

 

そのあたりをクリアし出すと  自分に 起こる事は みんな上手く行ってると信じることができます。信じざるを得ない、が正しいのかもしれません。不安や 最悪の事態を いつのまにか  考えなくなります。

 

「なる様になる」、と言うセリフがありますが それを普通に実践できる様になる。流され上手に なる。

 

 世界は自分が作っています。

私はこれからも 私に美しくて平和で 優しい世界をイメージし続けようと 思うのです。

 

そして…これを書き終えた後に 

ピコンとLINEが鳴りました。

 

とても尊敬している

ふみと&りかさんの LINE@のメッセージが配信されたのです。

 

--- --- --- ---

   ↓

ワクワクする事を始める時、2つのことが起こります。

 

1、非常に素晴らしいシンクロが次々と起こります。


2、自分のやることが 努力無しに進むようになります。

 

 

これ本当にそう!

シンクロやサインが沢山現れます。ぞろ目もそうだし、結婚式や、祝いごとを目にする。

蝶々の歓迎、子供達の笑い声、いろんなサインが溢れてきますよ〜♡楽しみですね!

 

--- --- --- ---  

 

そこら中が 全てサインです。

あとは 気がついて 実行するだけ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする