琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

香りに導かれる

今日、新しく習い事をスタートさせました。先生の御宅までは南禅寺永観堂を通り抜けるのが近そうだったので   新緑の中を 御散歩気分で…

f:id:spica0104:20170528030455j:image

f:id:spica0104:20170528030511j:image

紅葉の時に比べると 観光客も まばら。歩きやすかったです。

 

 

私の周りには アロマオイルについて プロだったり プロ並みの知識をお持ちの方々が多いのです。その方達のお話を伺っているだけで 自分も識った気分になってしまうのですが  …いざ自分で扱おうと 思う時、やはり これから一生 関わるであろう事、それに身体に関するものなので ちゃんと 習っておこうと言う思いが ありました。

  

アロマオイル、フラワーレメディ、フラワーエッセンスに関する良さそうなサロン見つけたので  ゆっくり通って行こうと思っています。

 

f:id:spica0104:20170528031946j:image

先生のお宅のご近所は 風情のあるお店や 景色が多く 沢山の綺麗なお花も咲いていました。

 

昔、茶道をしていたり ワインの仕事をしていた頃がありました。どちらも香りに重きを置く世界です。当然、香水は日常では つけません。プライベートで身の回りに 薫せておく香りも アロマオイルなどの ナチュラルなものに なっていきました。

 

自分で石鹸と化粧品を作っていますが それにはアロマオイルもごく少量ですが使いますし ヨガや瞑想にも 香りがあると心地よさは 倍増します。

 嗅覚は五感の一端を担っているだけあって 人の身体にもたらす影響、作用が大きく、非常に 興味深い分野です。セミナーやセッションで多忙な日々ですが 空いた時間に マイペースで 通えたらいいな、と思っています。

 

f:id:spica0104:20170528033517j:image

どことなく琵琶湖の形…

 

今、私は 呼吸をベースにした 内側を整えると言うセミナーを数多く開いています。そこでもよくお話するのですが…心も大切だけれど 身体が いつでも私達を守り支えてくれていて、細胞レベルで 役割を担ったり 地球とシンクロして、その時その時に 必要な事を知らせてくれています。

 

 

 

例えば「何かが欲しい」と思う時、その気持ちの 奥の奥に潜んでいる 本音は なんでしょうか?

 

手に入れる事による 安心、あるいは手に入らない事で増す 不安、それを手に入れている人を羨む気持ち …色々とあるでしょう。その気づきに 身体が ちゃんと反応しだします。

 

私も今回 学びたい、知りたい、という欲求が どこから出てくるか?をつらつら考えていました。その結果 非常に腑に落ちる事があり 、その後 すっと今日のサロンにご縁ができました。

 

サロンの存在に 私が気が付くように その本はそこに置かれていたのでしょう。その本を手に取り、目がそれを探し、指がそのページで止まり 私はそのサロンを見つけました。

 

そんな風に 何気ない事にも 全て見えない力と身体が融合していると思うのです。

 

 

 

内側の本音や原因を探る事、を「内観」と言います。良い悪いでは なく「見る、気がつく」と言う作業です。何も子供の時の辛い思い出と向き合う事だけが内観では ありません。

 

 今の楽しい自分、凹んだ自分と向き合う事も内観の1つ。どこに行きたいか 何を見たいのか、自分に問うことも内観の1つです。過去の善悪をジャッジせずに  ただただ認め直す。

 

そう考えると 日々のこと全てが内観であり、常に自分に質問をする、それによって 確認したり 意識したりする、それが大切なことです。

 

 

それにしても…何故 多くの人が 自分と向き合う事を避けたり逃げたりするのでしょう?体重計に乗るのって そんなに怖い事なのでしょうか?それが 何故怖いのか…そこから 又内観の旅は はじまります。

 

 

話は 変わりますが…

私は 数秘術で言う運命数が22なんです。

特別な数字と言われています。そういう数字は 他にも厳つかあります。

 

今まで なぜ その数字が特別か?意味がわかっていなかった。けれど少しマヤ暦や数秘の事を学ぶと わかってきました。少しだけ 自分の運命に触れた様な感覚になりました。

 

・・・内観から逃げない、ジャッジをしない、そして 客観性を自分に向ける、さらには言い訳をしない、そういうことが 出来ない時もあります。でも 又 戻った時、始めたいいのだと思います。

 

何故、人は人である、と言えるのでしょう?

自分自身に対して 客観性と主体性を 持てる、

社会に対して 全体と 個とを 同時に考えたり 感じられたり出来る…

そんな視点を持っている事も その理由の1つなのだと思います。

 

f:id:spica0104:20170529051802j:image

ひそやかな風景に触れる時 

その場の匂いや ただよう空気感を感じます。

 

色や形などと同時に

場の雰囲気からも 沢山の情報が

身体に取り込まれています。

 

それらは  「神様を大切にする」という ご先祖様から 受け継がれた遺伝子に 働きかけ、

大脳を刺激し  、安心という 感情の ホルモンを身体に分泌してくれるのかもしれないですね。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする