琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

自分のやり方で

自分のやり方で 歩みを進める。

簡単な事だけれど

 

今まで 右みて 左見て

もう一回右を見て

安全確認した上で

 

自分だけ 行き過ぎてないか?

遅れを取ってないか?

あるいは 誰かの邪魔になっていないか?

特殊では無いか?

目立ち過ぎて無いか?

 

そんな事に用心深く注意を払って生きてきてると なかなか 「自分のやり方」がわからないものです。その前に 何が好きで 何をしたいのか?が わからない… システムから 外れる事も 怖いし 生活出来るかどうかも不安だし …

 

なんて思い出すと

 

今いる世界で そこその仲間もいるし 経験もあるわけだから  このまま 平穏無事で安泰で暮らす事が最善と言う結論に落ち着きます。自分の日々の小さな イライラや 我慢や 不満などは お休みの日に 気晴らしで良しと しておこう。

 

それも ダメでは ありません。そうやって今生を探してみる、と決めてきた魂もある事でしょう。

 

でも、もし 少しでも 何かに ワクワクしたり ドキドキしたり する事があったら その扉をノックしてみる事も お勧めします。

 

その 小さなノックが  自分のやり方で 歩みを進める。その一歩を踏み出す事に なるかもしれません。

広告を非表示にする