琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

向き合う

夏至の後から新月の間
腹筋が縦割れするほど 酷い咳とくしゃみ
そして だるさで ぐったりと寝込みました。

…熱もないのに なんぞ?

 

 

 

とても長く感じられた時間でしたが
21日から24日までと言う
3〜4日の事だったんですね。
寝たり起きたり 鼻かんだり。

昔、ラジバンダリってあったわ…

 

 

f:id:spica0104:20170626003654j:image

身体がイマイチの時って
心も イマイチですね。

 

 

内観の果てに まだ残っていた
どす黒い感情とか
孤独感とか


こんなにしてるのに
なんで
こうなん?とか

 

重ための感情が
ボコっと湧いてきました。


これは 尽きることがありませんね。
だって日々 生きているんだもの。

 

 

 

 

そんな時は
前なら  呼吸して

やり過ごしていたんです。

 

思い出して関わるだけで
自分も汚れそうな気がして…

 

一旦 脇へよけといて…
忘れて切り替えて…

…って してました。

 


でも 今回は だるさと具合悪さのせいで
そんな事も出来ず

 

心の中で
わめき散らしました。

 

一回 死ぬほど 嫌いになってみた。

 

それをマイナスな感情た!

って 前は
思っていたけど


わめいてみたら そうでもなかった(笑)

 

 

軽い運動したみたいな
爽快感がありました。


そして 今度は
愛おしさや
そんなに嫌いでもないやん
と言う
優しい気持ちが湧いてきた…


なんだろう、これ。
面白かったです。

 

f:id:spica0104:20170626004014j:image

 

f:id:spica0104:20170626004023j:image

 

そこから結論。


腹の立つ感情を我慢して
良い大人、
素敵な穏やかな大人に
なんか ならなくて良い。

 

 

あったまきたー!
ばっかやろー!
何でそうなの?


人を散々利用して!
2度と会いたくないわー!

 

って 一回怒鳴る。


(場所には考慮の余地あり)


あー、言い切った。
言ってやった!
スッキリ!

 

その後 不思議と

許したくなる…
頼まれてもないのに。
許したろうかな…

なんて。

 

1人で演じてますね、これ(笑)

 


その相手が どーこーでは無く
出来事が どーこーで無く

 

全部 自分にジレンマだったんだなあと
思います。

 

言い返せなかった自分
利用されてるっ
相手にバカにされてるっ

て感じる
卑屈でヘナチョコな自分。

 

他の誰にでも無く

自分への馬鹿野郎が
まだ残ってたのね。


やっぱり世界は
自分の意識なんだなあ。
誤魔化してたんだなあ。
自分で自分を。

綺麗にまとめたりしてましたよ。
忘れよう、あれは…とかね。
でも 向き合った方が
スッキリするわ。
インナーチャイルドと一緒やんね。

 

 

 

 

広告を非表示にする