琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

嫌われるのは 怖い?

嫌われるのも、ですが 嫌うのも 怖い方は多いです。それは負の感情である、とインプットされてるからでしょうか…

 

罪悪感、と言うものに 見えないところで ひとは縛られています。それが美徳である場合もありますが 自分を枠に閉じ込め 苦しめるシバリになってる事も多いですよね。

 

f:id:spica0104:20170703163250j:image

 

私は 1年前に 相続したマンションを売りましたが、その時 ありえないほどの モノがそこには 残っていました。

 

それを業者に 捨てて貰いましたが そこに 大きな仏壇もありました。それも捨てて貰いました。お焚き上げ無しです。心とお金の余裕が 無かったのもあります。

 

その マンションの「思い出の品」と言う名の 「ゴミ」を処理する為に   4つの業者に見積もりを頼むと、上は100万から 下は24万まで…

 

どうなってるの?です(笑)

 

もちろん24万で お願いしましたが とても良い業者さんでした。

 

 

北海道には マンションの売却で5回以上 飛びました。移動やら書類作りやら 荷物の整理で疲れて目から 血が出ました。涙ではなく 血が流れたのです。赤い涙…びっくり。

毎日 頭もフラフラ。5キロ近く痩せました。

 

 

引っ越しを決めてから 私のした事は 笑っちゃうくらい  神がかってました。たった4ヶ月で 同時に3つの大きな引っ越しと  マンションの売却、それに付随する公的な 手続き…引っ越しに伴う 送別会やら なんやら…

その間にセミナーのお手伝いも2件してました。

 

強いエネルギーに動かされてる時って 身体がそれに ついてくのが まさに「いっぱいいっぱい」

 

でも 休もうにも 何もかもが 線路の上で 走り出して 止まる事は出来ないんです。コーリング、ってかなり凄いんだなと思います。人生が 変わる時、です。私の人生においては3度目でしたけど…

 

 

 

…そんな中で仏壇のお焚き上げ してる暇無し。

それも 宗教の1つの形で 人が決めた事です。申し訳ないけど 仏壇は 他の処分する物と同じく捨てて貰いました。高さ1メートル50.横70センチほどある がっちりした仏壇でしたけど…さぞかし お高いものだったと思います。

その後滋賀で blogから本を書き、セミナーとセッションで 忙しい昨今です。

 

 f:id:spica0104:20170703163310j:image

 

そんな経験から 学んだ事は…

 

バチは あたらんな(笑)って事です。

神様、仏様に対して 良い子でいる必要はないな、と言う事。その 見返りに良い事が起こるわけでもありません。

 

そこで形だけ 良い子でいても そもそも バレバレです。

 

宇宙も神様も仏様も

何もかもが 自分の内側にある!

 

そう確信してから  チャネリングの 捉え方が変わりました。 ブロック解除や設定で  効き目があったり 無かったりするのは  「 お金を払って それをしてもらう」、「わざわざ、それをする」、そんな儀式への覚悟の差がある様に思います。受け取る事への覚悟ですね。

 

プラシーボ効果に 似ています。

 

そこに依存があれば 効果は 遠のく一方で 恐れや不安が 増えていくし

依存のない状態であれば  結果が 早い。なんてわかりやすいんだろう。答えはいつも 周りに用意されています。

 

 

 f:id:spica0104:20170703163512j:image

神社は あの清まった清浄な空気が 大好きなので ご挨拶にいくのも 大好きですが…そこにいって 何かを救済してもらおうとは 思いません。

 

自分の何かを変えたければ  自分の部屋の掃除や 模様替えをした方が 早いです。あとは いつもと違う事をしてみるとかね。

 

 

 

 

本題の「嫌われるのが怖い?」。

その気持ちは とても わかりますが  その気持ちの大元をみると 何故なのか?に気がつきます。大切なのは そこです。他人軸、植え付けられた価値観…そんなものに 気がついて 解放して行きましょう。

 

 

 

 

全ては 自分である。世界は自分とイコールである。これは一元論にも似ています。

そんな事を この一年伝えてきました。

 

そのおかげか 私の周りはいつも 穏やかで 平和。何か起こっても すぐ解決するか答えが見つかります。

 

今を楽しみましょう。

いまここ、の自分を感じる。

それに尽きる。

 

他者さへも

自分自身、自分の投影。

 

 

使い古された言葉ですが

今日という日の 貴方は

もう2度と会えない貴方です。

 

 

 

広告を非表示にする