琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

ミラクルを羽織って

竹生島リトリート。

主催の私達と参加される方以外にも  

さらに必要な人や物が 揃い始めているな、…と感じます。

 

 

当初予定していたコースや  あちらでのセミナー、ワークに  更に素敵なイベントが 飛び入りで起こって行くようです。どんだけ 歓迎されてるんだろう…楽しみです。

 

 

 

そしてそれと同時に

 「ほんと?本当にそうなの?  私 勘違いしてない?」と 不安や 疑いが ふと湧いてきます。

 

1年も前から そこに呼ばれてた、とか…ある?

そもそも土地や神社や神様に 呼ばれるなんて事 本当にあるの?

 

 

 

ぜーんぶ投げ出して滋賀に 引っ越した私でさへ そんな風に たまに思ってしまいます、

とりあえず 普通の人間ですから(笑)

 

 

 

f:id:spica0104:20170919084002j:image

ありえない何かを決める時 その背中を最後に押すのは 確固たる信念や自信や 経験ではありません。例えば 勝算のようなものや 暮らしていけそうな見通しでも ありません。

 

 

私が やるか やらないかの 最後の一歩、境界線を越えるのに 必要もの…それは 何か?

 

実は、それ、未だに わからずにいます。

 

壮大な夢の為でも、叶えたい願望でも 無い事だけは確かです。

 

 

  「やってみよう」と言う 内側の小さな声だけが いつも側にいて、そんな気がしたから やってみた。

 

それだけなんです。

 

五感に訴えてくるものも 何もなく 予感もなく、事は急に起こり出す、始まります。しかも凄いスピードで。

 

私に出来ることは …

迷わない、執着を捨てる、サインを見逃さない、そして 流されると決めること。

 

f:id:spica0104:20170919092025j:image

自宅に20人を超えるクライアントさんが 来るようになったり  仕事で  東京に毎月通ったり  リトリートツアーを企画したら それが10分で満席になったり…  セミナーの問い合わせ、コラボの申し込み、など  ありえない展開が 毎月 加速しています。

 

不安から 私を護ってくれる様に  「サイン」は いつもやってくる。これからも そのサイン、タイミング、そして不思議な出会いを頼りに 私は歩いて行くんだろうな。 

 

 

広告を非表示にする