琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

龍笛

滋賀に帰って来ました。

 

最寄駅に着いて タクシーに乗り

マンションに到着。

 

タクシーを降りて周りをよく見ると

湖岸の遊歩道の木が折れています。

 

こちらの台風の被害…

凄かったようです。

 

琵琶湖の対岸に住むお友達からも

停電になった話を聞いていました。

 

 

 

 

私は その間 ずっと都内にいたので

「雨が強かった…」

程度の感想しかありません。

 

でも お陰で 普段なら予約の取れない

ミシュランの星付きの居酒屋に行って

美味しい日本酒とお魚を頂けたし

 

宿泊した場所の近所にある神社に

雨風の強い時に お参りに行ってみたら

誰もいなくて(…当たり前)

神主さんから

なにやら 特別なお守りを頂けました。

 

そんなこんなで 台風も

割と楽しく過ごせていました。

 

 

 

都内に滞在中、

セッションの合間には

 

「ふと」

「気になる」

「どーしても 行きたい」

 

そんな気持ちに従って

逢いたい人、食べたいもの、

見たい景色…を訪ねてまわりました。

 

加えて

私の事を 同じ様に

「ふと」気にして下さったり

久しぶりに 思い出して下さった方から

いきなり 連絡をもらって

深い話をしながら お食事も出来ました。

 

日光に行く予定で

ついでに 仙台まで

日帰りドライブもしました。

 

(ついでに 行った割には

ご利益…凄すぎました)

 

 

今日のお昼には

21年ぶりの あり得ない再会もありました。

 

予期せぬ事が 起こると

人は 笑うしかないんですね…

笑いで満たされる…そんな日々でした。

 

あー、それもこれも

皇居に行けた事…

勤労奉仕のおかげです。

 

佐知子さん、有難う。

りなちゃん、有難う。

ゆりちゃん、有難う。

 

感謝でいっぱいです。

知り合えて 良かった。

 

 

 

 

それから いつも一緒にいてくれた

みっちゃん、氏家ちゃん

ありがとう♡

 

一緒に もんじゃ食べて

有り得ないシンクロや

私の ご先祖様の

菩提寺の事を思い出させてくれた

ひろさん、おたからちゃん

有難う♡

 雨の中

様々なセッションにお越し下さった

沢山のクライアントの皆様

ありがとうございました。

 

みんなのおかげなんです。

 

 

 

 

ameblo.jp

りなちゃんもブログに書いていたけれど

 

言わされている

見させられてる

気づかされている

 

このタイミングで呼ばれて

バッタリ 巡り会えて

思い出せて

驚かされて

喜ばせてもらってる。

 

ぜんぶ 自分達が

生まれてくる前に

決めていた流れ。

 

思いっきり毎日 

喜んでました。

 

 

生かされている。

 

全て が

宇宙の

はからい

ことわり

 

思えば  数年前に 「理(ことわり)」

について考えたことがあり

 

「物の理」「水の記憶」について

ブログを書いた事がありました。

 

あながち

 外れでもなかったんだな。

 

 

そんな事を思い出して

ほっこりしています。

 

f:id:spica0104:20171029213153j:image

二階の窓から撮った月

 

琵琶湖に

「ただいま 帰りましたよ」

と言ったら

 

何かが 光った気がしたので

もう一度撮影してみました。

 

フラッシュは使っていません。

何かが 写り込んだのか?

 

…もう なんでもいいや。

 

私の世界は

私が作っていて

それを感じていて

 

そして

 

泣きたいくらい

私は 幸せな夜を迎えています。

 

f:id:spica0104:20171029213119j:image

 

 

 

 

東京での11日間は

自分を 満たせた日々と言えました。

セッションやワークも キチンと

スケジュールが詰まり

夜はしっかり休めた様に思います。

 

まるて家族、

そして姉と慕える方々の

優しいお気遣いのおかげで

超リラックス。

 

さほど 疲れも無く

むしろ 見えない存在を感じる感覚が

さらに鋭くなって帰宅したようです。

 

マンションのエレベーターをおり

部屋に向かう廊下で

 

琵琶湖で突然

ざっぱん ざっぱん と

何かが 跳ねる様か音がしました。

 

と、思ったら

ぴーっ、とも きーっとも

聞こえる

鋭い汽笛のような音が鳴り響きました。

 

そして

廊下を

立っているのも

やっとなくらい

強い風が 吹き抜けました。

 

龍の声、そして

龍が 通ったのかもしれません。

 

 

私についている龍が

琵琶湖に帰れて喜んだのか

 

それとも 琵琶湖にいた

龍が おかえり!っと

言ってくれたのか …

真意のほどは

わかりませんが

 

私が聞いたそれは

本当の龍笛

だったのかも しれません。

 

 

ただいま

 

 

無事に 帰ってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする