琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

お願い事と石との運命的な関係

8月、9月、10月と東京へ長期で滞在していました。皇居の勤労福祉に参加したり  セミナー、セッション、ワークをしたり…出かけている時間が 家に居る時間より圧倒的に多い日々でした。

 

 

f:id:spica0104:20171116093335j:image

その割には 大きく育つグリーン達♡こんな鉢が あちこちに。挿し木したり 株分けしたりしているので そのうち植物園の様になるかも…

 

 

考えてみると 昔から そんな生活でした。茶道の行事で京都、奈良へ長く滞在したり ネットワークビジネスのグループが 巨大だった頃は 海外と日本を行ったり来たり…月に数回の自宅ミーティングは 立ち席で満員御礼状態、終いには 閑散期の清里軽井沢のリゾートホテルを貸し切っての 大きなセミナーをしていました。ウエディングイベントを企画したり ワインの試飲会、勉強会、日本酒会、あ、イングリッシュローズオールドローズの勉強会を主催していた事もありました。

 

「その頃に比べると…今は 可愛いもんやなー.むしろ 規模や時間は 随分と こじんまりしてるわー」と 思います。あの日、体験していた事が 今、全てに活かされている。散々やってきた事なので 躊躇なく出来るのが有り難いです。

 

 

f:id:spica0104:20171116094243j:image 

要するに 組織で歯車として動くタイプでは無く  常に主催、経営、自分から始まるネットワークを作って それを動かす方が性に合っているのですね。

 

 

 

 f:id:spica0104:20171116094453j:image

繋がる、結ぶ 。そしてそこに 伝える、流す。…自立を促す…そんな循環の中にいたいと思っています。

 

 

先日 仲良しの長野在住の「番長」こと大久保さんに 数秘を見てもらいました。確か5000円?これ安いっ!と思うほど  物凄く 濃い!しかもまさにそんな内容で納得。

 

他にも様々な私にまつわる数字を解説してもらいました。行動が豊かさに直結する そんなナンバーが多くあった様です。要するに 動く人 でもあるのですね。お金も人も通って行くだけ。貯める、溜める気はありません。抱えても 重く 不自由になるだけです。流れて ナンボ。「駅」の様な そんな立ち位置。旅に出るのも大好きだから 軽いのがいいし。

 

 

人生の節目、その要所、要所に 必ず とんでもなくハイレベルのキーマンがいて 素直に導かれていた事も運が良かったと思います。「とんでもなくハイレベル」そこ大事!  世界でもオンリーワンレベル、又は 宗主だったり 日本1のレベルの方と 超至近距離で 仕事をさせて貰いました。 そのおかげで 自分には そういった方とご縁出来る「何か」がある、と思えています。

 

それは 今も続いていて 今度 高知に ある方のご招待で 遊びに行くことになりました。…話は ひょんな所から やってくるものです。

 

 

 

f:id:spica0104:20171116094730j:image

では そんな自分に 今、「不安が無いか?と言えば 毎日 何かしらの不安はあるし 下手したらかなり長い時間 悩み 落ち込む事だってあります。

 

でも 不安の中にいても 割と客観性を保てる様になりました。周囲から 自分に もたらされる 「言葉」のヒント、サインにも いつも助けられています。

 

周囲で起こる事って 私の波動をダイレクトに表してると思っています。良い人や優しい方に会った時、イコール自分が良い人、優しい人、と、考えるのでは無く(ここ 大事)    自分で自分を優しく「扱っている」、正当性を「自覚している」、そんな波動を出しているのだ、と解釈する様に なりました。

 

キツイ人や 強い言葉、酷い言葉に出会う事があれば(そんな事が 本当に無くて、それも感謝です)  自分が自分に厳しすぎる、もっと、もっと と、追い込んでいるのだな、とそんな風に思います。

 

どれも 良い、悪いは無く ただ それだけの事です。波動、エネルギーは 波。いつも形を変えています。変化があって 当たり前。

 

琵琶湖を眺めて 1人のんびりお茶する時間に  今日まで  どれほどの存在に導かれ、守られていたかを感じます。

 

琵琶湖を見下ろす 家具付き最上階ペントハウスの部屋に、今、こうして 住んでいる奇跡。

 

奇跡は 常に共にある。わざわざ信じ様としなくても 奇跡は日常に空気と同じ様にあるのです。そして 受け取る準備の出来たものに 降り注ぐ。尽きる事なく 無尽蔵に どの瞬間も 降り注ぐんです。

 

 f:id:spica0104:20171116095550j:image

今月は 冬至前の ブレスレットワーク月間。

ずっと滋賀で ワークをしています。

 

毎日誰かしら 美しい天然石のブレスレットを組んで いかれます。私は そのお手伝いをしているだけ。作り方を教え見守るだけです。

 

こうなる!と言う「意思」が石を選び  その「意図」を乗せた糸で繋ぎ それを受け取る時、喜びが輝き出すのを 見せて頂いている。

…幸せです。

 

ワークで紡ぐブレスレットは  誰のエネルギーでも無く 誰かの意図でも無く 「自分の内側に在る聖なる自分と繋がりを形にしたもの」 なんだと思うのです

 

 

石を送ってくださる問屋さんとは20年以上のお付き合い、それも不思議なご縁でした。今回は ツーロンやアリゾナのミネラルショー、あるいは 立ち寄ったハワイの展示会で 買い付けた石が 沢山届いています。クライアントさんの 願いのエピソードと 送られた石とのシンクロ具合も素晴らしく 驚きの毎日です。

 

 

冬至から来年の夏至までの サポート、タリスマンとなる石達は   その日 持ち主と出会える事がわかっているのでしょう。こうやって  なにもかもが、あなたを待っているんです。

 

 

自分を信じるチカラを

取り戻そうよ。

 

私が伝えたいのは

この1つなのかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする