琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

新年と満月とお参り

明けましておめでとう御座います。

 

 

1/2 、日本では お昼の11時頃 満月を迎えるようです。元旦でもある前日の夜、琵琶湖の上には とても大きくて美しい月…

 

f:id:spica0104:20180102065050j:image

ピンぼけ…

 

今年は 去年にもましてエネルギーが 激しく、心の中は 益々揺さぶられ 自分の本質から目をそらす事が出来なくなくなる様な  様々な体験が数多く起こるでしょう。それは連続で これでもかと…

 

そこをクリアし 様々な断捨離を進め、シンプルな自分に戻る努力をした人には 喜びのギフトだらけ。経済的な豊かさ 物質や時間的な豊かさ、心の安定、揺るがない精神状態…誰が見ても明らかな「自由」や「楽しみ」を謳歌出来る。内観や葛藤から逃げず  手っ取り早いノウハウに 逃げなかったご褒美なのかもしれません。

 

もし、不本意な事が 繰り返し起こる様なら それは 貴方が 何かに 気づかねばならない時なのでしょう。自分の中のモヤモヤを 綺麗事で収めたり、他人の基準を鵜呑みにしているのを やめなさいと言うサインかもしれません。

 

 

 f:id:spica0104:20180102071103j:image

お正月中に 満月(しかもスーパームーン!)と

太陽が 最も地球に近づく日が連続してあるのも なんだか 凄いですね。

 

✳︎明後日1月3日は、地球近日点(Earth Near)となります。年に一度、太陽と地球がもっとも近づく時。2日は月と地球が1年でもっとも近づく時で、3日は太陽と地球が1年でもっとも近づく時なので、このお正月三が日は、月と太陽と地球が急接近するタイミングです。

 

スーパームーンと地球近日点が、ここまで近い距離で重なることはまずないこと。

 

今年は日月と地球の三位一体が仲良くスタートする、何か素敵な1年となりそうですね。

ただ、一方で満月だけでなく、太陽との距離も近づくと、地球の地殻やマントルは大きく動きます。毎年1月上旬は、この地球近日点の影響で世界各地でM7.0を超える大型地震が必ずといっ良いほど発生します✳︎

 

〜天下泰平さんのブログより〜

 

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180102070017j:image

今年は いつもの多賀大社ではなく ご近所の

天御中主尊神社へ初詣。

 

いつもは 地味目で静かな神社なのですが…

お正月は地元の氏子さん達で賑わっていました。私も しょっちゅう行っているので すっかり顔見知り。お神酒とお食事とお札を頂いてきました。

 

この神社の真後ろには、標高333メートルの長命寺山と聖徳太子が開いたと言われる長命寺があります。山の上には 大きな磐座。滋賀には 綺麗な三角形の山が多く、その上には 何故か巨大きな磐座があるらしい。

 

私は以前 琵琶湖の龍穴に行った時 謎のおばさま(長靴はいていて 山から降りてきて山にのぼって帰られました…)に 「このあたりは 8000万年前には 中国と陸続きでね、この辺の大きな岩は 全てその頃の 火山の体積したものとかなのよー」と 呟かれました…8000万年前…恐竜が滅んだ頃のお話です…

 

その前も龍穴で 地元のおじいさんに 長命寺と磐座の事を教えてもらいましたが

「あそこに アメノミナカヌシ様がおりて、あーして、こーして、」と長々と神様がどこにいて、何をしているかを 教わる機会が…(笑)

 

そんな不思議な長命寺山ですから 聖徳太子も寺を作らねば!と思ったのでしょうね…大昔は そこから竹生島に行く船が出ていたようだし…

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180102074324j:image

去年の年末は、 一年のお礼にと

近所の神社をお参りしていました。

 

カーナビで目についた畑の真ん中の小さな神社…いかにも氏神様と言った風情の いくつかの神社へ行きました。

 

なんと!、それぞれが 水の神様、火の神様、大地の神様をお祭りするお社だったようです。

 

 

3社まわって  かなり寒くなってきたので コンビニに寄り アンマンを食べ、…ふとカーナビを見ると  これまたすぐそばに鳥居のマーク。

 

ここを最後にしよう〜と 走ってみると…

そこは 風の神様のお社でした。

 

あらまぁ 四大元素だわ…

これには びっくり。

 

エネルギーの4大元素に関しては 去年からずっと私のスピリチュアルレッスンで話しています。6時間にも及ぶレッスンなのですが 80人近い方が受けてくださいました。

 

それは古代インドや中国、古代ギリシャで 考えられた宇宙のエネルギーの仕組み、大元のようなもの。ヨガにも 瞑想にも 使われています。

ウィキペディアプラトンが体系として組み上げた、とも書かれていました。

 

今は もう量子力学で もっとわかりやすく 理論的に解説されています。 誰でも内側にそれを持ち 意識する事で 万物の元素と融合し 感情を整えてくれたりします。

 

私が 大昔、チャクラを整え、サードアイを開け(なんと!22年前w) その後 クンダリーニ覚醒を受けた時、内側のエネルギーの流れをしっかりとリアルに 感じ  把握出来たのが  ほんと驚きでした。理論を自分の身体で確認した?的な…

 

 

 f:id:spica0104:20180102074947j:image

土、水、火、風…その神社が 近所にあるのも 嬉しいのですが、昔の人、よくわかっていたんだな〜…そっちに驚き。多分地図上で 線引いたら なんかの形になるはず…

 

 

 

 

 

みんなが凄い!と言う大きな有名な神社に 行ってみるのも 素敵な事ですが、 自分がピンとくる感覚に従って そのエネルギーを辿り、ついて行ってみる…

そんな 事を もっと大事にしてみると

良いんじゃないかなぁ?なんて思います。

 

誰も行かなくても

誰が話していなくても

自分で それを見つけ出す。

 

もちろん、大勢いる事で 

集合エネルギーは感じやすくなります。

 

が、

 

あくまでも

感じやすく、わかりやすくなってるだけ

早い話が

その気になっただけ

と、言うこともある。

 

それに加えて今年は

自分の感覚を研ぎ澄ます。

アンテナの感度をあげる。

そんな要素をより意識して

みると 楽しいことが起こりそう。

 

ある意味、野生の証明かもしれませんね。

 

 

広告を非表示にする