琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

根拠を捨てる

生きる為の理由は 要らない

たとへ 理由を見出したとしても

私達には 今が あるだけなのだから。

 

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180225220815j:image

 

楽しかった東京4days。

セミナーとお話会とセッション

ヒーリングワークと打ち合わせ。

今回も 怒涛の日々でした。

 

 

行きたかった寺院や神社の

おごそかな空気も味わう事が出来ました。

 

鹿島神宮では

神様のおつかいの様な

小さなキツツキに出会いました。

 

それから

田園の中の優しい光や

美味しいコーヒーやケーキを頂きました。

その

向こうには友達の笑顔が

いつも あって…

 

私は一人では無いのだなと

優しい気持ちになれました。

 

明日は滋賀へ帰ります。

 

 

…私の滋賀での2年は

自分という パーツを確かめ

その機能を再確認し

今までとは違う使い方をみつけ

 

それらを組み立て直し

自分を再起動させる為の時間

だったように思えます。

 

その再起動した自分にも慣れて

自由に動ける様になった。

 

 

 

 

絡みついていた

鎖や枠を見つけ

それらを 捨て

さらに軽くなる事で

新しい世界のドアを見つけました。

 

自分のエネルギーに

ふさわしい場所で暮らす。

 

紐解いてくれる人や

キーワードを教えてくれる人は

その都度現れるものです。

今までも そうでした。

 

 

理由なんて要らない。

 

 

それはシナリオの1ページに過ぎず

私は 新しい場所で

また 本を開き

その物語に没頭するのでしょう。

 

 

琵琶湖に呼ばれたのは

丁度2年前。

そろそろ そのお役目も終わるようです。

 

また 新しい場所へと

移るとき  がきました。

 

あと数ヶ月、あるいは

数週間で

それは決まります。

 

 

お目にかかれる方もいれば

もう会えない方もいる…

 

でも

私は いつでも

私を求めてくださる方と

繋がっています。

 

この手を放した方とは

きっと そこまでのご縁だった…

それだけの事です。

 

 

出会いや別れの

根拠や理由を探すよりも

 

未来の自分が

置いていってくれたサインを探し 

本来の自分に還る道を往く。

 

そうやって

出会って下さった沢山の皆様には

心から感謝をしています。

 

f:id:spica0104:20180225230240j:image

 

f:id:spica0104:20180225230252j:image

長いこと暮らした

懐かしい土地

 

 

 

f:id:spica0104:20180225230406j:image

 

f:id:spica0104:20180225230426j:image

私を呼んでくれた 大きな存在

 

 

その何もかもに

今は

感謝でいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする