琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

悲劇のヒロインょ さようなら

素直になれない状態が続き過ぎると
それが普通の状態(常態)になってしまう。

 

 

万年 肩こり

万年 頭痛

万年 悲劇のヒロイン

 

 

 

周囲を見る角度は

どんどん斜めって

まっすぐに前も向けない。

 

 

 

 

どうせ、

 

受け入れてもらえない
嫌われている

能力が低いし

ルックス悪いし

お金ないし

モテないし

生きている価値がない人間。

 

…負のスパイラルは

独りよがり、と言う

栄養をもらい加速する。

 

 

 

親のせい

家庭環境のせい

学校のせい

いじめのせい

 


自分、

こんなに嫌な奴になっちゃった…

 

自分で そんな因果関係を作り出す。

 

似た様な環境で育っても

そこに因果関係を繋げない人も

沢山いる。

 

トラウマとか意識してない人も

沢山いるし

ありもしないトラウマ作りが好きって

人もいる。

 

 

 

これは 良い悪いの 話ではなく

自由意志で自己責任の話。

 

自分が そうだと思えば そう。

そして そう決めたら

どんどん そうなる。

 

設定とは

 そういうものです。

 

 

 

人のせいに してるうちは
まだ まし。

 

そのうち


…やっぱりこれって自分?

今度は 自分責め。

 

嫌だと感じる事が起きて
まず他人か環境のせいにする

責めたりイラついたりして
自分にも嫌気がさす

私が悪いんだな…
今度は自分をいじめ始める


自分なんて 居ない方が良い

悲劇のヒーローorヒロインに酔う

そして そう思い込む。

 

好きな言葉は…

「そのままの

ありのままの

あなたで 良いのです」

 

「悲劇常態」を 「ありのままの自分」と

錯覚してるんだから

そのままで 良い訳ないんだけど…

 

 

 

ヒソヒソ話もどこかの集まりすらも

不安になる

悪口言われてる?
仲間はずれにされてる?

どうせ嫌われるなら
その前に先に嫌えばいい

近寄らなければいい

自分から離れて

行動するようになったのに


やっぱり私って 受け入れてもらえてない

 

 

納得のゴール(笑)

目指してるのは そこでした。

 

 

自分を追い込んで
嫌われ者である、無能であると言う

事実を確認して ほっとする。

 

 

コンフォートゾーン

 

私には起業とか無理。

私は仲間はずれがお似合い。

私は 今のままで 良いはず。

だってそれが私の

あるがまま、だもの。

 

いやいやいやいや

…あのー、

グレーテスト・ショーマンでも 見てくれば?

 

 

被害妄想&自意識過剰

 

誰も あなたの事

そんなに

気にしてないんですけど?

 

そんなに

見てないです、ってば。

 

 

拗ねてるとこ

いじけてるとこ

素直じゃないとこ

 

自分でも 面倒くさいと

さぞ

持て余している事でしょう。

 

 

 

 

その高すぎるプライドで

何を必死に守っているの?

 

何から 襲われると

思っているの?

 

 

 

 

私って

 

恵まれない 環境にいるけど

実は 人や思い出や身の回りの物を

大切に想う 心優しいお姫様なんです!

みんな、それを

わかってくれないんです…

 

 

そういう

自分は「可愛そうな人設定」は

もう やめよう。

 

 

 

 

誰も やってくれないんだ

いい加減 わかろう。

 

少し前まで いた

あなたを大切にしたり

構ってくれてた

そんな人でさへ

 

あなたが

「どうせ」攻撃で

けちらしちゃったんだしね(笑)

 

 

 

自分を大切に扱って

心の声を聞いてあげて

たまには 出来る範囲で

ご馳走なんかも してあげて

 

素を出しても

少なくとも 自分だけは

自分を受け入れてあげると

信じる。

 

信じきることって

いつも

試される。

 

 

窓を開けて

新鮮な空気に入れ替えて

 

不要なものは整理して

身の回りを 綺麗に片付けて

こざっぱりとしたら

 

この 美しい早春の光の中で

まったりとお散歩でも。

 

何をしても

しなくても

あなたは 

あなたにとって唯一無二。

 

それを 思い知る事が大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする