琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

伝えるチカラ

長いこと  特殊、だとか 怪しい、とか 危ない、と言うレッテルを貼られて 隅っこに 押しやられていた 「見えない世界」を視るチカラや「スピリチュアル」と言うジャンル。

 

それが 今や 空前のブームとなって

所謂 猫も杓子も …状態。

 

私は それ 良い事だと思っています。

 

類似品や コピー商品が いくら出回っても  高いエネルギーって 際立って違いがあるし それは 他を圧倒するレベルです。

比べる物がある方が  逆にわかりやすいのかもしれない。

 

解釈も好みも 人の数だけ あって …どんな事もそうだけど… 最終的には 質や志の高いものが求められ  残って行くのは世の常です。

 

 

仕事として取り組む側に なるのであれば   当然必要なプロセスは 他の職種と変わらない訳で、当たり前ですが プロとして の姿勢とか 覚悟が求められます。

 

 

買う側、利用する側の目が肥える、…それも必要な事。時と共に どちらも育っていくんだと思います。

 

撒かれた種子は 必要な準備期間や熟成期間を経て 来るべきタイミングで 開花する。

 

 

 

今は まだ

若干珍しい存在なのかもしれないけれど…

チャネリング  、ヒーリングって

ホントに誰でも出来る事。

 

 

けれども

それを受けたり

学んで 出来るように なった

…からと言って …

 

目の前の悩みが 解決したり

いきなり人生が変わったり

人柄が よくなって 願いがみんな叶う…

 

リーダーになれる

ティーチャーに なれる

人を救える

 

注目される

在宅で仕事ができる

カウンセラーに なれる

 

…なんて事が

誰にでも簡単に可能になる訳じゃない

 

と言う事も

 

そろそろみんなが

わかってきたんじゃない?

…と、思います。

 

結局は 人間力とその伝え方。

それは 何にでも同じ事が言えます。

 

何種類ものパンが 上手に焼ける様になっても

無口なまま 工夫もせず 店も出さず、では パン屋さんは 開けない。

 

習字、ピアノ、スイミング、お茶にお華にお料理に学習塾、と色々通っても 

 

資格を山ほど 取得したとしても  どれも活かせない暮らしをしてる方もいるでしょう。

 

たしなみ程度…と言う言葉があります。

そのうちスピリチュアル的な色々も

そう呼ばれる日が来そうですね。

 

特技、趣味は  リーディングとヒーリング、たまに星も読みます的な…(笑)

 

たしなむ程度…です、みたいに使う。

 

実際、趣味と言う範囲で 丁度良いんじゃないかな?と言う人が 圧倒的に多い気もします。自営業、講師、お稽古事の先生に なるって そんなに甘いもんでは ありませんから。

 

 

チャネラーやヒーラーにも

人間的に問題があったり

不満や不足や自信の無さを抱えていたり、

仕事する姿勢として 全くアカン、…、

って人もいる訳です。

 

政治家、警察官や 学校の先生が 色々問題起こしたり モラルが無かったりするケースもありますよね…

 

 

 

 

 

私は チャネラーもヒーラーも

要するに メッセンジャーなんだろうと

思っています。

 

必要な情報を 聞き手にわかるように 伝える、それが とても大切。

 

リーディングは潜在意識の中の情報やエネルギーの状態を 色んな表現で (ハイアーセルフとか、天使とか 神様と宇宙とか…)読んで 伝えていく事。

 

ヒーリングも 同じく潜在意識の中の情報を感じて(読んで )エネルギーの流れを媒体となって 通したり 整えたり  たまに書き換えたり…を していく作業。

 

その どちらも最終的には 感じた事を言語化するチカラが必要だし、かなり重要な能力だと思っています。

 

これは  …  センスもあるし 経験も必要。

簡単に 誰にでも出来る訳ではない、と 思うわけです。

 

言ってる事に整合性が無かったり  意味がわからなかったり 「何を言いたいの?全く伝わらないけど〜」…だと そもそも通訳のお仕事って無理な訳ですよ。

 

もしかして 人に上からモノを言いたいだけ?

人前で話したいだけの 隠れ目立ちたがり

ってケースもあります…

 

 

 

 

実は ミラクル、引き寄せ、シンクロって 日頃から 誰にでも普通に起こっています。

 

…気がつかない場合が多い。

偶然よね、

気のせいよね、って スルーしちゃったり…

が多いんです。

 

自分の行動を客観視していない

…無意識で 動いてる事が ほとんど。

 

メッセンジャーの役割は

それを わかる様に解説したり

紐解いたりする 通訳的な存在。

 

 

だから わかりやすい、伝わりやすい…

って事がすっごく大事。

 

結局、それが出来る人には 自然と

人も仕事も集まる…

 

 

言語化するチカラって

説得力、影響力、そして

求心力も兼ね備えてる。

 

 

それに何も、話し言葉だけじゃなく

そこに居るだけで その存在感が伝わる…

佇まい そのものが

その人を雄弁に語る…って事もあります。

 

生き方が素敵、とか 美醜、若さ 老練さ、とは 全く違う何か…オーラを纏う、って言う表現があるけれど  あれは経験なのかな?

 

持って生まれたものに磨きをかけて

そうなるのか?

私には …まだわかりません。

 

 

伝える

伝わる

それは 振動を起こしたり

受け取ったりして

共振共鳴、増幅していく事。

 

自分は何を発信しているか?

 

受け取る事だけでなく発信する中身を

常に意識する。

だって それが 自分の世界を作るのだから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする