琵琶湖に呼ばれて

不思議な出会いの先に待っていたのは湖の畔の素敵な部屋。そこに暮らしながら日々の様々な気付きを発信しています。

その時々の「いま、ここ」に居る

f:id:spica0104:20180505042802j:image

再生ボタン?みたいな白い三角。

 

f:id:spica0104:20180505042820j:image

猫、どいてくれない…

 

f:id:spica0104:20180505050206j:image

f:id:spica0104:20180505103655j:image

楽しすぎた パーリー。

 

 

 

結局、お仕事をしてたな、GW。

でも 合間に チョイチョイ 遊びが入り

充実してた。

 

みんな 好きな世界に いながらも

変化が半端なくて カッコよかったなぁ。

嫌な事は 徹底して しない!

その駒の捨て方が 大胆で 潔い。

 

自分の周りにあるものが

今の自分に相応しいか?

 

基準は常にそこ。

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180505054050j:image

f:id:spica0104:20180505054146j:image

友達の家で 手軽なワイン会を久しぶりに主催。

ワインマニアの選ぶ 日本のワインシリーズ。

スピリチュアルセミナーの100倍 楽チン(笑)

 

 

 

セミナーと言えば

いっとき…コラボの話やゲスト依頼が 増えてきてスケジュールの管理がとにかく大変だった頃がありました。それ故にコラボはしない事にしたのです。

 

誰かにお話を お願いする時は ゲストとして 呼びますし、私も 他の方からは ゲストとして呼んで頂いています。どちらの立場でも ゲスト料も役割分担もあらかじめ 決まっていますので 色々がハッキリしていて楽です。

 

イベントは 自分の仕切りで 全責任を負う、と言うスタンス。

 

集客の出来ない方が多すぎて そこを私に依存されても困ります…そのあたりって 腹の決まり方が 甘い、そこだけなんですけどね…

 

 

 

 

 

 

意図して動いている人からは

つまらない質問が来ません、というか

…そもそも 何も聞いてきません(笑)

 

答えは 自分で探すものだと知っているのだろうし  自力で答えに近づく時の 喜びも知っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180505104200j:image

f:id:spica0104:20180505104220j:image

日差しが強いですね。

 

 

 

昨日 ステキなヒマラヤ水晶を頂き

嬉しくて嬉しくて

その石とベランダでずっと遊んでいました。

 

f:id:spica0104:20180505104329j:image

水滴のインクルージョン

何百年前、何千年前の水滴なんだろう。

 

マニハール から やってきた

美しい水晶。

これから 私が 大切に育てていきます。

 

浄化した後

色々と話しかけると

f:id:spica0104:20180505104933j:image

光の色が 変わります。

心の震えに 応えてくれるのは

お花と同じですね。

 

 

 

 

 

f:id:spica0104:20180505111140j:image

人は、いまここに在る事実より

思考の内容を

「事実」だと勘違いしてしまいがち。

 

過去の後悔の念を

未来への不安に 結びつけて

実は いまここに在る時の

満たされ感をおざなりにしちゃう…

 

思考は常に 脈々とした物語を

創り上げるけれど…

それは古い映像のようなものです。

 

過去や未来を見ている自分が

イマココにいるだけです。

見ているだけなんです。

 

物語には 続きがあるけれど

イマココに連続性は ないんです。

 

その物語に 取り込まれないで欲しい…

私も ずっとそうでした。

 

あの時、ああだった

この時、こんな事を言われた

だから こうで …

これからも そうならないとは

限らない…

 

そんな風でした。

 

一瞬一瞬が新しいのにね。

 

 

そろそろ目を覚ましましょう

ପଓ*ೃ:.✧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする